スポンサーリンク

本人成人の9割以上が感染しているとされるウイルスが原因でごくまれに発症する難病「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」で昨年亡くなった広島県呉市出身の人気声優、松来未祐(享年38)をしのぶイベント「39(サンキュー)!未祐ちゃん」が11日、東京都千代田区の科学技術未来館で開かれていました。

そこで今回はそんな松来未祐を知っていただく記事にしたいと思います。

広島県呉市出身の松来未祐も広島県民の例にもれずカープファンだったようです。

スポンサーリンク

松来未祐の死因は悪性リンパ腫

病名は「慢性活動性EBウイルス感染症」(caebv)

最終的な死因が「悪性リンパ腫」

だったということが家族の意向もあり2015年12月に公表されました。

松来未祐は生前、医師の間でも知名度が低い同病の啓発を望んでいたといいます。

そういった理由もあり病名の公表が行われたのですが、一体どういった病気なのでしょうか?

医師の間でも知名度が低いということで、そのような病気があるなんてことはもちろん知らなかったのですが、これを機にネットから情報を調べてみました。

WIKIなどの情報によると、本質的には白血球増殖性疾患だと書かれています。

白血球が増殖?

白血球がたくさんあったほうがトクしているような印象を持ちますが、多いとダメなのでしょうか?

白血球の基準値は年齢によって異なりますが、成人の場合3,500μLから9,800μLと定められています。

白血球は、血液を構成する成分の1つで、体に侵入してきた異物に対抗し体を守る働きを持っています。

外部から細菌やウイルスが侵入すると、白血球の数は増加し、その異物を白血球内に取り込んで消化し、無害化します。

そのため、細菌感染症などの病気になっている場合、血液中の白血球の数は増えることになります。

とのこと。

もともと白血球は身体を守ってくれているものですよね!

しかしこれ、白血病やガンとも関係しているようです。

最終的な死因とされている「悪性リンパ腫」というのも、血液のガンだと言われています。

松来未祐はカープ女子!

松来未祐(まつきみゆ)プロフィール

matukimiyu

本名:松木美愛子(まつきみえこ)

広島県呉市出身

1977年9月14日生まれ

血液型:A型

身長:151cm

声優や歌手、ラジオパーソナリティなどで活躍!

2002年に『七人のナナ』で初のアニメレギュラーを獲得

ナナの同級生で親友・小野寺瞳役でした!

小野寺瞳はナナが7人に分裂したことを知っている数少ない存在の1人であり、ナナにとってはお姉さん的存在。

第4問で7人の愛称を考えたのも彼女。

広島県出身ということもあり、『たまゆら』シリーズの八色ちもや『咲-Saki-』の佐々野いちごなどのように広島弁を使うキャラクターを演じることも多く、白石涼子が『咲-Saki-』で広島弁を使う染谷まこ役を演じた際には個人的に方言指導を行ったといいます。

とても仕事熱心で、このことからも信頼の厚さがうかがえますね!

さて、松来未祐と広島カープの関係ですが!

特に表立ってカープファンであることを公言しているような情報はありませんでした。

本人のブログには飼い猫との会話などと共にカープを応援するようなコメントも見られ、やはり広島カープを応援しているんだと感じました。

先日、ペナントレースで25年ぶりのセリーグ優勝を決めた広島カープ

スポンサーリンク

松来未祐の応援が実ったともいえる結果です。

広島カープは原爆投下から4年後の1949年、親会社を持たない「市民球団」として設立され、廃虚と化した広島の復興と共に歩んできたと言われています。

広島の市民が経営難に苦しむ球団を「樽(たる)募金」で支えた歴史などもあり、心に“カープ愛”を宿す広島出身者も多いとのこと。

松来未祐もそんな広島の意志を受け継いだ一人だったのでしょうか。

まだまだCSまで期間があり集中力が途切れないように祈るばかりですが、これからも広島カープの活躍を応援しましょう。

松来未祐さん愛悼イベント

2016年9月11日に開催されました。

松来未祐さん愛悼イベント 「サンキュー! 未祐ちゃん」


スポンサーリンク