スポンサーリンク

トーリーだけでなく、そのファッションにも注目が集まっているドラマ『ノンママ白書』

今回は渡辺真起子についても少し。

「ワーママ推進プロジェクト」から外れた土井に、本城から「俺と一緒に会社から独立しないか?」とまさかの誘いが!

このまま会社にいるべきか、それとも本城と独立すべきか、心が揺れる土井……。

スポンサーリンク

渡辺真起子の時計?

渡辺真起子プロフィール

本名:渡辺 真起子(わたなべ まきこ)

1968年9月14日生まれ

東京都出身

身長:166cm

靴のサイズ:23.5cm

最近のドラマだと

『99.9 -刑事専門弁護士-』

にも出演していました!

ノンママ白書ではノンママ3人衆の一人・葉山を演じている渡辺真起子

それぞれの衣装が話題となるなか、渡辺真起子を調べていくと「時計」というキーワードがあります。

しかし、葉山は時計をしてたっけか?

ブレスレットじゃないでしょうか?

『ノンママ白書』を動画で視聴するには?

さて、ドラマ『ノンママ白書』を1話から見直す方法をご紹介します。

違法アップロード動画などではありません!

FODというフジテレビ系の動画配信サービスで『ノンママ白書』を見ることができるのです!!

無料登録でプラス7というサービスを利用すれば、ドラマ放送から7日間は無料見逃し配信でドラマを見ることができます!!

アプリをダウンロードして利用してみてください!!

無料で公式動画が見れるのです!

FODプレミアム

有料コースでも加入したその月の月末までは無料で見ることも可能!

フジテレビIDで新規ご登録の方限定で、FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料になります。

1か月無料お試しキャンペーンでFODフジテレビオンデマンドはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

好きな人がいること

ノンママ白書5話ネタバレあらすじ

モンスターワーママ・野村(内山理名)のせいなのか、ストレスで体調を崩していた土井(鈴木保奈美)に、木村本部長(佐戸井けん太)は「野村を経理へ異動させようと思う」と告げるのだった。

複雑な想いを抱えながらいつものバーへ向かった土井を待ち受けていたのは、大野(菊池桃子)と葉山(渡辺真起子)の意外な近況――

葉山は夫と離婚前提に別居し、大野は、シニア婚活で知り合った佐藤(近藤芳正)と結婚するかもしれないという。

清々しい表情の葉山に比べ、大野は、まだ不倫相手の佐藤を引きずっているようで、「二人の佐藤」の間で心が揺れ動いているのだった……

夜も更け――

すっかり酔っぱらった大野が不倫・佐藤をバーへ呼び出していた。

「もし不倫佐藤が迎えに来たら大野と別れてもらう」と息巻く土井と葉山。

大野がトイレで席を外しているうちに、バーへやってくる不倫・佐藤!

土井と葉山は、酔いに任せて不倫・佐藤に「大野のことどう思ってるの?」「奥さんのことはどうするんですか?」と矢継ぎ早に詰問するのだった。

だが、やってきた不倫・佐藤は「大野さんのこと真剣に考えています」とひとつひとつ土井たちに対して誠実に答えるのだが……

木村本部長から異動の話をされた野村が「この会社で初めてのワーママの私をクリエイティブじゃない経理に異動させるなんてありえない!」と土井に詰め寄ってきた。

スポンサーリンク

土井は「経理も重要な仕事」と伝えるものの、野村は「クリエイティブな仕事をしたくて入社したのに、部長の嫉妬がある限り結婚も出産も出来ないって後輩たちが嘆いている」と反発する。

土井は自分が「ノンママ」という存在だからこそ、野村にそう言わせてしまっているのかと、大きなショックを受けるのだった……。

そんな中、野村が思わぬ逆襲を仕掛けてきた!!

土井はまたもピンチに陥り……

ノンママ白書6話ネタバレあらすじ

モンスターワーママ・野村(内山理名)が「ワーママプロジェクト」に復帰したことで、小中(濵田崇裕)やルナ(堀田茜)ら若手社員にしわ寄せがきていた。

しかし、プロジェクトから外された土井(鈴木保奈美)は、ただそれを見守っているしかなかった…。

そんな時、本城(高橋克典)から「一緒に会社から独立して、俺のパートナーになってくれ」と告げられた土井。

今後の人生を考えた本城の言葉に、土井は自分のこれからのことを考えてしまうのだった……。

いつものバーへ向かった土井は、独立後のビジョンを熱く語る本城のことを大野(菊池桃子)や葉山(渡辺真起子)に話すのだった。

組織人としての出世よりも、夢に向かって臆することなく突き進める本城の言葉ひとつひとつが心に響いたと話す土井に「それってプロポーズなんじゃない?」と大野と葉山。

確かに本城から「土井も俺も独り身だし…どうしようか?」と含みのある話もされた土井だが……

そんな中、バーに偶然、酔っぱらった吉沢(坂本充広)率いる男性社員たちがやってきた!

彼らは、酔った勢いで本城が会社を捨てて独立することに対する不満を土井にぶつけ出す。

更には土井と本城の上司としての器を比べはじめ「この一年、部長として何したんだよ!」と暴言を吐きだす始末……。
大野や葉山もこれには黙っていられず一触即発、バーは最悪の雰囲気に――。

吉沢たちをなんとか帰し、バーに居合わせた男性客(柳葉敏郎)に失礼を詫びると、意外な言葉が返ってきて……。

ノンママ白書5話みんなの感想


スポンサーリンク