スポンサーリンク

然、松山ケンイチが怒り!というタイトルなので一体何が起こったのか?と思ったことでしょう。

実は、

「フラガール」「悪人」で知られる李相日監督

その2016年最新作が9月17日公開!!

映画「怒り」

に主要キャストとして松山ケンイチが出演しているのです!

愛した人は殺人犯なのか・・・?

そのほか出演は

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、妻夫木聡、宮崎あおい、広瀬すず

など豪華キャストが勢ぞろい

吉田修一の同名小説をもとにした「怒り」は、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちを中心とした群像劇。彼らを取り巻く人々が、信用と疑惑の間に揺れる様子を描く。

千葉、東京、沖縄を舞台に展開していくことになる本作。

千葉編にて

渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ

妻夫木と綾野がメインキャストを務める東京編

沖縄編に出演するのは、広瀬と森山

となっている。

今回はそんな松山ケンイチについて。

スポンサーリンク

松山ケンイチの子供は?小雪との関係

松山ケンイチプロフィール

matuyamakenichi

本名:松山 研一(まつやま けんいち)

1985年3月5日生まれ

青森県出身

血液型:B型

身長:180cm

逮捕騒動があった高畑裕太に似ていると言われたこともありました。

確かに若干似ているような気もしますが・・・

アクション映画「カムイ外伝」で出会ったと言われている女優・小雪と結婚し、子供も3人いるんですね!

小雪(こゆき)プロフィール

1976年12月18日生まれ

神奈川県座間市出身

血液型:O型

本名:松山小雪(まつやま こゆき)

旧姓:加藤(かとう)

身長:170cm

体重:48kg

BMI:16.6

スリーサイズ:

83 – 58 – 85 cm

靴のサイズ:25cm

本名の由来は、「出生時、座間市に小雪が降っていた」「親が尊敬していた方の名前から頂いた」「生まれたとき雪のように肌が白かった」と幾つかあるようです。

小雪さんは2012年に、出産後からの思いを綴った本「生きていく力。」を出版しています。

一時は産後鬱のような症状が出ていたと言われていましたね。

現在は大丈夫でしょうか?

松山ケンイチも仕事から帰ると子供の”寝かしつけ”を行ったり、家族を大切に過ごしているようです。

松山ケンイチが映画で将棋!?「怒り」は?

あらすじ~

八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。

洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。

洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。

映画『怒り』では突然千葉の漁港で働きだした田代哲也という前歴不詳の謎の男を演じています。

そこで出会った愛子(宮崎あおい)とは、お互いに心のつっかえを抱えながらも惹かれ合っていく・・・

スポンサーリンク

家に帰っても家族が待っていないという田代を演じる為に、千葉の現場に先乗りして「一人になる時間」を作り映画に臨んだという松山ケンイチ。

妻夫木聡と綾野剛のベッドシーンが話題となっている東京編ばかりが注目されているような気がするのだが、主演・渡辺謙や宮崎あおいと共に語られる千葉編の松山ケンイチに注目です!

そして、

もう一つ松山ケンイチが出演している映画が同じく2016年秋に公開です。

映画『聖の青春』

2016年11月19日公開予定!

将棋に命をかけ、29歳にして亡くなった夭折の天才棋士・村山聖(むらやまさとし)の生涯を松山ケンイチが演じます!

7冠という偉業を成したあの羽生善治がライバルとしていた聖

「東の羽生、西の村山」と並び称されていました。

病と闘いながら全力で駆け抜けた、わずか29年の生涯を描く奇跡の実話・・・

個人的には「怒り」よりは「聖の青春」が早く見たいカモ?

松山ケンイチといえば・・・エルでしょう!

そんな松山ケンイチですが、個人的に最も印象深いのは映画『デス・ノート』で演じたエル役

映画『デスノート』のLの登場シーンの「バーン」と銃を撃つマネをするシーンは、原作および脚本では1回だったものを人数分撃つようにしたのは松山の案。

同様にひょっとこのお面をかぶる描写、コンソメ味のポテトチップスや和菓子を食べるのも彼のアイデアによる。

という、演出もできるカメレオン俳優です。

役作りの為に甘いものを食べて太ったり、痩せたり、

徹底していますね。

2008年の映画『デトロイト・メタル・シティ』のヨハネ・クラウザーII世を演じて、またもや高評価を得た松山ケンイチ。
漫画の実写化では松山ケンイチは藤原竜也と並び「実写化しても裏切らない俳優」として人気です!

藤原竜也もデスノートで共演していました。

2015年にはデスノートがドラマ化!!

その際に、山崎賢人演じるエルと松山ケンイチのエルを比較されましたが、ネットなどの評価では松山ケンイチに軍配が上がったかのようでした。

ちなみにミュージカル版デスノートもあり、エルは小池徹平が演じています。

そんな映画『デス・ノート』を見るには・・・

U-NEXTという日本最大級の動画配信サービスです!

パソコン以外にもスマホとタブレットにも対応しているため、いつでもどこでもドラマなどの番組を楽しむことができます。

さらに会員になると、人気のコミックや雑誌も無料で見ることが出来るので2倍お得!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ドラマ『ど根性ガエル』や『銭ゲバ』、松山ケンイチ初主演の『セクシーボイスアンドロボ』なんかも見れますよ!

ちなみに、無料期間中に解約することも簡単にできて、その場合は料金が一切かかりません。

詳しい仕組みは公式サイトへ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


スポンサーリンク