スポンサーリンク

に次週

2016年9月15日の放送で最終回を迎えます。

テレ朝の木曜ドラマ『はじめまして、愛しています。』

ハジメとの絆が深まってきたとき、ふいに現れた実母・泉(志田未来)とその母親・月子(富田靖子)

しかし、いまだ入院をしていた泉とは話しをすることができません。

最終回(第9話)では、突然姿を消してしまう泉・・・

彼女が抱える闇が明らかになるのでしょうか。

江口洋介の明るさで吹き飛ばしてほしいものです。

スポンサーリンク

『はじめまして、愛しています。』8話ネタバレあらすじ

ハジメがいなくなった梅田家では、美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)の会話も消え、ただ時間だけがむなしく流れていく。

自分たちの子どもを作ればいいという春代(坂井真紀)や巧(速水もこみち)の慰めは、美奈たちにとってなんの意味も持たない。

むしろ、感情を逆なでされた信次は、春代や巧、そして母親に対する不満を爆発させてしまう。

しかし、これまで梅田家の力になってくれていた堂本真知(余貴美子)でさえ、他の子の特別養子縁組を申し立てることも、美奈と信次が未来に向かって生きる方法の一つだと言ってくる。

真知によれば、現在、祖母の月子(富田靖子)と暮らしているハジメに虐待の様子は見られないという。

ただし、母親の泉(志田未来)はいまだ入院中で、ハジメとは話もしていないらしい・・・

どうしても気持ちの整理がつかない二人は、ハジメが引き取られた長野へ向かうことを決意した!!

そこで、二人が見たものとは!?!?

『はじめまして、愛しています。』最終回(9話)ネタバレあらすじ

梅田美奈(尾野真千子)と信次(江口洋介)の二人は、自分たち夫婦の方がハジメ(横山歩)を養育するのに適していると、家庭裁判所に監護者指定を申し立てる。

堂本真知(余貴美子)から「勝つ確率はゼロに近い」と言われても、二人の気持ちは変わらない。

ハジメと再び暮らせるようになるまで何があってもあきらめない、そう二人は決めたのだ。

それからの二人は、自分たちの愛をすべての人に伝えようとの思いで、周囲の人々と向き合っていく。

信次は母親に、美奈は父親に、これまでのわだかまりを捨て初めて愛の言葉を伝える。

また、美奈はハジメを生んでくれた黒川泉(志田未来)にも思いを込めて手紙を書くのだが…。

スポンサーリンク

監護者指定の申し立ては真知の予想通り却下される。

美奈たちは高等裁判所への上訴をすぐさま決断。

そんな中、泉が「死なせてほしい」との遺書を残して姿を消す!

泉はどこへ行ってしまったのか?

ハジメ出生の真実は明かされるのか?

そして美奈、信次、ハジメの3人は本当の家族になることができるのか?

最後に誰も予想できない奇跡が起こる…!?

『はじめまして、愛しています。』8話みんなの感想


スポンサーリンク