スポンサーリンク

優・梅津栄が肝硬変のため命を奪われました。

主な出演作にドラマ「水戸黄門」「Gメン’75」、映画「復讐するは我にあり」「男はつらいよ寅次郎恋愛塾」、舞台「ぺリグリーズ」など。

ということですが、一体どんな人物なのでしょうか?

今回はそんな梅津栄に迫ります。

スポンサーリンク

梅津栄は創価学会

梅津栄(うめづ さかえ)プロフィール

umedusakae

芸名:梅津 栄(うめづ さかえ)

本名:梅津 榮(うめづ しげる)

1928年7月5日生まれ

富山県下新川郡泊町(朝日町)出身

身長:167cm

芸能界に多いと言われる創価学会。

その活動内容や勧誘の方法などから、宗教については自由であるこの日本でも、創価学会だということで白い目で見られることもあるだろう。

そんな創価学会と梅津栄に何か関係があるのか?

梅津栄は創価学会の信者だったのではないか?

という噂が浮上しています。

確定的な裏付けはみつからなかったものの、梅津栄が創価学会に入っていた可能性は高いでしょう。

火のない所に煙は立たぬ

そう言いますしね・・・

ボケについては、ボケ老人役を演じることが多かったためではなかろうかと推測していますが、ネットで調べてみると「bokete」というサイトで一時期話題に上がっていたからだという情報もあります。

実際はどっちなんでしょうか?

晩年はボケていたのでしょうか?

今となってはこの「ボケ」の真相はわかりません。

梅津栄の海人とは?Tシャツ生みの親

梅津栄を調べていくと「海人」というキーワードが出てきます。

一体どういうことでしょうか?

スポンサーリンク

これは、「海人」Tシャツの漢字が梅津栄によるものだからだそうです。

Tシャツのロゴまで書いていたなんて驚きです。

多才な人物だったことが分かりますね!

ちなみに「富山人」のロゴも梅津栄のものです。

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

主役の鬼太郎役にウエンツ瑛士となる映画完全オリジナルストーリー

ゲゲゲの鬼太郎映画第2作目

あらすじ

1000年前に起こった悲劇と鬼太郎の誕生からすべては始まった。

聞くと死んでしまうという「かごめ歌」を聞いてしまった少女・比良本楓を鬼太郎たちが助けようとする物語。

妖怪・濡れ女によって手にウロコができる呪いをかけられ、48時間以内に呪いを解かないと楓は死んでしまうという・・・

鬼太郎たちは楓を襲う悪霊の呪いを封じるための儀式「護人囃子の儀」を行うため、篳篥など五つの古代楽器集めに奔走するが、やがて千年前の濡れ女の悲劇を聞かされる。

人間の海人に恋をし、人間となり夫婦として結ばれ、子どももできたが、妖怪であると知った村人たちが「鬼道衆」として二人の仲を引き裂き、濡れ女を封印。

「鬼道衆」の末裔の楓は封印を解かれた濡れ女から呪われたのだ。

先祖の話を知った楓は激しく動揺する・・・

「幽霊族」である鬼太郎も先祖が人間に滅ぼされたという事実をぬらりひょんから聞かされて動揺。

目玉親父も隠していたのだった。

それでも人間たちを妖怪たちから守ろうと決意する鬼太郎。

異国の妖怪である夜叉から攻撃を受け、猫娘も倒れる。

絶体絶命のピンチで鬼太郎たちはぬらりひょんの怨念ゾーンへ行き、楓は濡れ女に人間たちを信じて欲しいと訴える。

鬼太郎の力で甦った海人と再会を果たした濡れ女は海人の真実の愛を知る。

人間の怨念から生まれた妖怪ガシャドクロは鬼太郎と楓の力の前に倒れ、楓も現世へと戻る。

鬼太郎への恋心がめばえた楓だが、別れを告げる。

という物語。

そこで梅津栄は長老の役でした。

梅津栄はそのほかにも西遊記などにも出演していました。


スポンサーリンク