スポンサーリンク

本が財津殺害の犯人!?

そして、ついに“死幣”の魔の手が由夏に!?

最終話を前にいまだ波乱の展開の第9話!!

これまでかなりの低視聴率で、第6話ではなんと1%を切っていたドラマ『死幣ーDEATH CASHー』

しかし

第7話以降、視聴率は回復傾向にあります!

物語は終盤へ突入し、意味の分からない呪いを解き明かしていくパートになったからなのか?

はたまた

新キャストの投入で視聴率を引き上げたのか??

⇒死幣ネタバレ6話5話あらすじ。視聴率がヤバイ!またまた放送時間注意!

第1話からの視聴率推移です。

第1話視聴率
2.3%

第2話視聴率
1.6%

第3話視聴率
1.7%

第4話視聴率
1.2%

第5話視聴率
1.7%

第6話視聴率
0.8%

第7話視聴率
2.7%

第8話視聴率
3.1%

スポンサーリンク

『死幣ーDEATH CASHー』第8話ネタバレあらすじ

真理(中村ゆりか)殺害の容疑で逮捕された財津(筧 利夫)に会わせてくれと主張する若本(戸次重幸)だが、監察官・伊織(柚希礼音)がその前に立ちはだかる・・・

しかし、若本の取調べを担当している高山(菅原大吉)の協力で、由夏(松井珠理奈)と若本は財津がいる留置所へ向かう。

面会をした財津は二人を前に“死幣”の研究のために自分のゼミ生が犠牲になり、次は由夏だと語る。

そのとき、由夏の携帯が鳴る。

電話に出た由夏の表情が一変。

由夏は妹・小夢(清原果耶)のもとへ駆けつけることに・・・

留置所に残った若本は、さらに財津を問い詰めていたが、財津は若本の思い出したくない過去に触れ挑発していく。

逆上した若本はついに銃口を財津に向ける!?!?

『死幣ーDEATH CASHー』第9話ネタバレあらすじ

ついに“死幣”の魔の手が由夏に!? 最終話を前にいまだ波乱の展開!! 9/7(水)『死幣』#9【TBS】

若本(戸次重幸)が財津(筧 利夫)殺害の容疑で指名手配されてしまった。

伊織(柚希礼音)はそのことを由夏(松井珠理奈)に伝え、若本の隠されていたある過去について話すことに。

その後、病室に戻った由夏は小夢(清原果耶)から、自分が重病であることを聞いてしまったと告白されていた。

場合によっては死ぬ可能性もある大病に小夢はパニックになり、倒れ込んでしまう…。

病状が悪化し一刻を争う状況で、やはり治療には大金が必要であることを再認識する由夏だが…。

一方、逃亡中の若本は江栗馬村で起きた連続事故死の生き残りの男を探していた。

スポンサーリンク

その男であれば“死幣”の呪いを解く方法を知っているはず。

財津によれば彼はまだ生きているのだが、戸籍上は死亡扱い。

怪訝に思った若本は同じく生き残りで“死幣”の起源を知る紫乃(木野花)のもとを再度訪ねることに。

その場で、若本は江栗馬村のみに伝わるわらべ歌を聞く。

どこか聞き覚えのあるわらべ歌…その瞬間、若本はあることに気付くのだった。

『死幣ーDEATH CASHー』第8話みんなの感想


スポンサーリンク