スポンサーリンク

津子の所属する営業開発部の廃部が決まった!?

たいした成果もあげられていないと役員会議室で言われるが、あと3か月待ってほしいという奈津子。

どうなる奈津子!

どうなる営業開発部!?

家庭では、小山浩太郎(原田泰造)の怪しい動き。

ベビーシッターの坂部深雪(伊藤 歩)と何かあるのでしょうか?

ベビーシッターには何か秘密がありそうです・・・

スポンサーリンク

ベビーシッター坂部深雪の秘密

このベビーシッター坂部深雪

第1話から怪しい行動が目立ちました。

このベビーシッターと浩太郎(泰造)のやり取りが怖いのですが、ベビーシッターの目的はなんでしょうか?

浮気?

とはちょっと違うようです。

まず第1話で奈津子が作っておいた夕食をホームレスに渡すあたり、何か闇があるのでしょう。

また、第6話あたりから浩太郎に対して何か相談?しているようです。

「大切なものをなくした」

家族をなくしたんでしょうか?

もうベビーシッターに来ることができないということは・・・

浩太郎に何か条件を伝えていたのか?

家庭崩壊を企んでいそうなベビーシッター坂部深雪です。

『営業部長 吉良奈津子』を動画で視聴するには?

さて、ドラマ『営業部長 吉良奈津子』を1話から見直す方法をご紹介します。

違法アップロード動画などではありません!

FODというフジテレビ系の動画配信サービスで『営業部長 吉良奈津子』を見ることができるのです!!

このサービスは月額888円でドラマを見ることができるようになります!

さらに!

加入したその月の月末までは無料で見ることも可能!

フジテレビIDで新規ご登録の方限定で、FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料になります。

※ちなみに管理人は継続利用しています。
何か気になることがあればご質問ください。

⇒お問い合わせフォーム

FODプレミアム

無料登録でプラス7というサービスを利用すれば、ドラマ放送から7日間(次の物語が放送されるまで)は無料でドラマを見ることができます!!

アプリをダウンロードして利用してみてください!!

好きな人がいること

『営業部長 吉良奈津子』6話ネタバレあらすじ

太刀川冴子が議員の大泉と不倫している映像がネットに流出。

見出しには「不倫ワンピース」と出ていました。

冴子が不倫現場でCM用の白いワンピースを着ていたからです。

それを知った斉藤らは奈津子を叱責し、奈津子の責任問題が持ち上がります。

太刀川冴子(芦名星)が議員の大泉智彦(水上剣星)と不倫をしている証拠映像がネットに流出する、と一条達哉(DAIGO)から報告を受けた吉良奈津子(松嶋菜々子)は、対策を練るため帰社を決めた。

しかし、その前に小山壮太(髙橋幸之介)の顔を見たいと思い、車を運転する高木啓介(松田龍平)に家の前で待っていてくれ、と頼んだ。

その頃、奈津子の家では、小山浩太郎(原田泰造)に坂部深雪(伊藤 歩)が寄り添っていた。

奈津子の帰宅に気づいた浩太郎は、瞬時に深雪を引きはがす。

奈津子は眠っている壮太の髪をなでると、トラブル処理のため今日は帰れないかもしれない、と浩太郎に告げ駆け出していく。

浩太郎は奈津子を追いかけると、今日は行かないでくれ、と懇願。

それでも奈津子は、迎えに来た高木とともに家を後にする。

深夜、奈津子が会社に戻ると、今西朋美(中村アン)と神崎あすか(足立梨花)が、冴子に関するネットのニュースを見ていた。

その見出しには、「不倫ワンピース」とあった。

大泉と抱き合う写真に写る冴子が、オレンジ・ドットのCM用のワンピースを着ていたからだ。

それを知った斎藤良一(石丸幹二)は、これはただのスキャンダルでは済まされない、と叱責。

奈津子は追い込まれる。

その後、不倫のニュースが世間に知れ渡ると、ネット上には冴子への誹謗中傷が書き込まれるようになる。

一方、奈津子は、撮影を終えた冴子がなぜワンピースを着替えなかったのかが気にかかる。

仕事でも家庭でも、危機を迎えている奈津子。

奈津子はこの危機をどう乗り越えるのか。

『営業部長 吉良奈津子』7話ネタバレあらすじ

【公式】『営業部長 吉良奈津子』黒い噂が明らかに!?第7話

スポンサーリンク

大きなトラブルを乗り越えた吉良奈津子(松嶋菜々子)は、休日に小山壮太(髙橋幸之介)とピクニックに行くことにする。

一方の小山浩太郎(原田泰造)は、珍しく休日出勤をすると言う。

奈津子は、坂部深雪(伊藤 歩)から、もう二度と訪問はできない、その理由は浩太郎に聞いてくれ、と告げられたことを思い出し、さりげなく浩太郎に尋ねる。

しかし、浩太郎は答えずに仕事に行ってしまう。

後日、奈津子は営業開発部の部員たちを前に、今後も攻めるからいい情報があればどんどんあげてくれ、などとハッパをかけた。

それを受けた川原義雄(岡田義徳)、神崎あすか(足立梨花)、郷 貴志(高木 渉)らから活発な意見が出るなか、米田利雄(板尾創路)は浮かない表情をしていた。

気づいた丸尾裕人(白洲 迅)が声をかけると、何でもない、と慌てて目をそらす。

そんなやりとりを、無表情の一条達哉(DAIGO)が見つめていた。

そこへ、奈津子のデスクの電話が鳴り、役員会議室へ呼び出される。

奈津子が部屋に入ると、そこには社長の貝塚(山田明郷)、斎藤良一(石丸幹二)らがいて、営業開発部の廃部が決まったと宣告される。

突然過ぎる、と猛反発する奈津子に、斎藤はこの数ヵ月待ったが成果は上がらなかった、奈津子は部長失格だと言い放つと、部屋を出ていく。

奈津子は貝塚らを追いかけると、必ず成果を出すからあと3ヵ月待ってくれ、と懇願。

しかし、願いは聞き入れられず、奈津子は取り残されるのだった・・・

『営業部長 吉良奈津子』6話みんなの感想


スポンサーリンク