スポンサーリンク

を失った過去から解放されないから家を売っている

心の穴をうめたくて家を売っている

私のようになってはならない

いきなり見合い話を持ちかけられる課長。

果たして誰を選ぶのか・・。

そして白洲美加(イモトさん)の母(原日出子さん)登場!

突然「離婚するから家を売りたい」と言われ狼狽える白洲美加。

白洲父はモロ師岡さんでした。

モロさん他のドラマでも見かけたような。

最近ドラマ掛け持ちされてる方が多くて時々混乱してしまう・・。

スポンサーリンク

『家売るオンナ』を動画で視聴するには?

さて、ドラマ『家売るオンナ』を1話から見直す方法をご紹介します。

違法アップロード動画などではありません!

U-NEXTという日本最大級の動画配信サービスで『家売るオンナ』を見ることができるのです!!

このサービスは月額1990円でドラマを見ることができるのですが、加入してから31日間は無料で利用することが可能です!
気に入れば継続することもできますし、31日以内に退会すれば料金はかかりません!

※ちなみに管理人は継続利用しています。
何か気になることがあればご質問ください。

⇒お問い合わせフォーム

毎月2,000本以上更新、120,000本以上の作品、

さらに電子書籍は200,000冊以上。

雑誌・コミック・書籍を、思いのままに楽しむことができます。

※管理人は映像サービスがメインのユーザーです。

そのほかには、

HULUという動画配信サービスで『家売るオンナ』を見ることができるのです!!

このサービスは月額933円でドラマを見ることができるようになります!

さらに!

トライアル期間中は無料で利用可能!

『家売るオンナ』7話ネタバレあらすじと感想

白洲美加(イモトアヤコ)の両親に、離婚話が持ち上がり実家を売却するという話になるのが今回の7話です。

突然、新宿営業所に白洲の母、貴美子(原日出子)がやってきて

「家を売りたいの。離婚するから(:_;)」

と言ってきたのだ。

白洲のお父さんの保(モロ師岡さん)が愛人を作り、家を出て行った事が発端となります。

愛する人が出来た。別れてくれ。

と離婚届を置いて出て行ったらしい。

急にそんなこと言われたら、怒りと虚しさとなんだろうな。色んな気持ちがこみ上げてきそうですね。

ところが、あの家は思い出の場所だから売らないで!!と頑なに売却反対の姿勢を崩さない白洲美加。

その話を聞いていた三軒家万智(北川景子)が白洲にかわり担当者として、自宅売却とお母さんの新しい家を探す事になります。

あの家も土地も、お母さんが相続で貰ったお金で買ったものらしく全てお母さん名義だそうで、売却手続きもすんなり…。

家自体は古く、値がつかない代物だということで

買い手がつく様、家を壊して更地にして土地のみで売りましょう。

と万智。

そんな話をしていた時に、なんと何事もなかったかのようにお父さんが帰宅。

どうやら、女に捨てられ追い出され、戻ってきたみたい。勝手だなぁ(^0^;)

「こんな親父の寝顔を毎晩見ていたくない」
って言われたようですよ(笑)

家族間の、家を売らないで!家を売って!の攻防が激しかったですよ(*^^*)笑

白洲家で大変な事になってる時、庭野(工藤阿須加)は屋代課長(仲村トオル)の勧めで、お見合いをすることになります。

「気になる人がいるけどお見合いもアリかな」って意外に柔軟な考えの庭野くん。

竹野内工業というかなり大きな会社の娘さんがお相手です。

しかし少し気難しい娘さんで、しかも庭野は緊張をしていて、あんまりうまくいかなかったんです。

結局は、お互いがお互いにNGという事だったので、まぁ合わなかったという事でしょうか。

庭野君には、もっといい子がいると思います\(^O^)/

私としては、自分の気持ちに正直になって、頑張って万智にアタックしてほしいです!笑

頑張れ!庭野ーー!!

さて、白洲家に話は戻りまして…

お母さんが離婚届をだし、無事離婚成立。
あとは家を取り壊すだけ!

しかし、やはり諦められない白洲は自分の家をどうにか残せないか考えるんですね。

「この人にお願いすると速効で家売れちゃうから」

の言葉通り、あっという間に白洲家の土地の買い手を見つけてしまう万智。

誰かの手に渡ったとしてもどうにかして家だけは残したいと言う白洲の訴えも虚しく万智に論破されます。

自分の生まれ育った家だとあそこまで執着するものなのかな。

今まで一度もやる気出したことのなかった白洲がとうとう積極的に動き出しました。

自らサンドイッチマン、自ら現地販売。

でも結局家を含めての買い手は見つからず最終手段立てこもり。

なんてはた迷惑な人なんでしょう。

そこで現地販売で、家を残したまま買ってくれる人を捜す!と言い出します。しかも休日に(笑)
これだけ、やる気に満ちた白洲は初めてみましたね(^O^)

スポンサーリンク

「やりたいならやりなさい。白洲美加が仕事を積極的にやろうとしたことは稀有なことです」

と万智も言ってました。

どうしても、家を形として残したい…。
そんな想いはとても綺麗で、素敵だとは思います。そうできたなら、理想的なのかもしれませんね。

しかし、やはり

土地だけなら買うのにな…
というお客さんが絶えません。

少々家が古すぎるのですね。

結局、現地販売がうまくいかないまま取り壊しの日がやってきました。

あら?なにやら不穏な雰囲気。

新宿営業所に謎の電話がかかってきます。

「課長をだせ」

そうです。白洲美加です(笑)

なんと実家に立てこもってしまうんです。
「撤去はんったーーーーい!!!」

そこで、立ち上がったのが三軒家万智です。

金槌でガラスを破り、二階にいる白洲のもとへ…

万智はカナヅチを片手に実力行使!と思いきや突然身の上話しを始めました。

白洲美加も始めはキョトン。

怒るのかな?と思ったら、今回はそういう説得ではありませんでした。

「私は昔ホームレスだった。両親が死んだ後、一人っ子だった私に父の借金が残された。
かばってくれる大人はおらず、気付いたら公園で暮らしていた。

季節は梅雨だった。
育った家を追い出される時のことを私は今も夢に見る。
私は今も過去に縛られている。
だから私はこうなんだ。今も家に拘っている。
だから今も家を売っている。

家、家、家、家、家、家……。

家を失ったとき心に空いた大きな穴を埋めるために、私は家を売り続けている。いくら売っても心は開放されない。
過去から解放されない。
今のあなたも私と同じだ。
自分を解放しなさい。
この家を諦めれば、解き放たれる。
自由になれる。
あなたが自由になれば、お父さんもお母さんも安心して幸せになれる。
自分を開放しろ。
心を解き放て!
白洲美加は私のようになってはならない。
解き放て。

…解き放て!」

ちょっと宗教じみてるなーと思ってしまったわけですが(笑)

けど、万智の目は少しうるうるしてて
過去の辛さがとても表情に表れていました。

万智の人生は壮絶すぎていきなり聞くと戸惑いますよね。

万智はいつも堂々と生きているように見えていたのですが、まだ自分の過去をひきずってずっと苦しんでいたんですね。
万智の本気の言葉に白洲美加は心を動かされました。

その真剣な万智の気持ちが、白洲美加の胸にはグサッと刺さったみたいです(ToT)

「課長ー!!私、解き放たれました!!今すぐ、この家壊してください!私は、自由になりました!!」

おぉー(笑)
危ない宗教に勧誘されたら、駄目になっちゃうタイプでしょうか(笑)

無事、自宅の撤去も終わり
お母さんは新しいマンションへお引っ越し。

白洲美加がお母さんの新しいマンションへ行くと、お母さんはとっても清々しい顔をしていました。

お母さんが手に取ったのは、双眼鏡。

ベランダから見えるものは…なんと、お父さんです!

お父さんが手を振っています。

お父さんの新しい賃貸のお家と、お母さんのマンションは双眼鏡越しで顔を合わせる事が可能なんです。その双眼鏡は二人分、万智がプレゼントしたらしいです。

そんな物件を見つけたのも、やはり三軒家万智!

その後、ふたりは一緒に食事をしていたし
今度、熱海にもいくらしい。

最終的に別れてそれぞれ違う場所に住むことになった白洲父と母でしたが、それぞれの家からお互いの行動を双眼鏡で覗き合うというなんとも奇妙な関係に落ち着きました。
これじゃ全然解き放たれていない気がしてしまいますが。

距離感さえ上手くとれれば、うまくいくと分かったんでしょうか?

もしそうなら、素晴らしいですよね。
厳しさもあり、優しさもあり。

周りをよく見て、人の気持ちをよく汲み取り。
少し変わったところがなければ、いい人もすぐ見つかりそうな気がするんですが

なかなか難しいですねσ(^_^;

多分そうなるだろうと思ってはいましたが、お見合いを断った庭野くん。
先方にすでに断られていたと知り納得いかない様子なのが笑えた。どっちもどっちだったように思います(笑)

今週もバタバタしてましたがどうやらこれで終わり・・と思ったら最後の最後に課長の元嫁が現れました。
気になる終わり方されてしまった。

次回は、屋代課長がメインのお話となりそうですよ。元奥さんが元サヤを願う??

楽しみです\(^^ )

『家売るオンナ』第8話ネタバレあらすじ

新宿営業所に屋代(仲村トオル)を突如訪ねてきたのはなんと屋代の元妻・理恵(櫻井淳子)。

2度目の離婚で慰謝料代わりにもらった家を売却して欲しいと頼む。

一方、足立(千葉雄大)は大人気のお天気お姉さん・前原あかね(篠田麻里子)の担当につきテンションが上がる。

しかし、あかねの本性はテレビとは別人。禁煙の店内でタバコをふかし、マネージャーの津田(和田正人)を顎で使う。

しかも、あかねと津田は結婚しており既婚者だと発覚!

空回りする足立は担当を万智(北川景子)に変えられてしまう。

その頃、屋代は理恵から復縁を迫られしどろもどろに。

万智に恋心を抱きモヤモヤする庭野(工藤阿須加)は、万智に自分と屋代のことをどう思っているのかと迫るが、予想外の言葉をかけられ微妙な三角関係は思わぬ方向に!

万智はあかねに家を売るため、庭野と足立を手下に使い奇想天外な作戦に出るが、そこには思いもしない落とし穴が・・・

あかねの私生活が週刊誌に暴かれ、人気がガタ落ちしてしまう。

果たして、万智がこの危機を切り抜ける方法とは!?


スポンサーリンク