スポンサーリンク

向(かなた)も冬馬(とうま)も消える・・・

本当の兄弟じゃないことを知ってしまい、夏向が消えた!

さらに、

事実を暴露してしまった冬馬も責められ出て行ってしまう・・・

バラバラになっていく兄弟。

この秘密と共に千秋が守ってきた「Sea Sons」にも、さらなるヒミツがあるのでしょうか?

西島愛海(大原櫻子)の言葉はすべて真実なのか?

それとも何かたくらみが??

スキコト『好きな人がいること』第7話は15分拡大で
2016年8月29日よる9時から

スポンサーリンク

『好きな人がいること』を動画で視聴するには?

さて、ドラマ『好きな人がいること』を1話から見直す方法をご紹介します。

違法アップロード動画などではありません!

FODというフジテレビ系の動画配信サービスで『好きな人がいること』を見ることができるのです!!

このサービスは月額888円でドラマを見ることができるようになります!

さらに!

加入したその月の月末までは無料で見ることも可能!

フジテレビIDで新規ご登録の方限定で、FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料になります。

※ちなみに管理人は継続利用しています。
何か気になることがあればご質問ください。

⇒お問い合わせフォーム

FODプレミアム

無料登録でプラス7というサービスを利用すれば、ドラマ放送から7日間(次の物語が放送されるまで)は無料でドラマを見ることができます!!

アプリをダウンロードして利用してみてください!!

スポンサーリンク

好きな人がいること

スキコト『好きな人がいること』第7話ネタバレあらすじ

柴崎千秋(三浦翔平)の制止も聞かず、冬真(野村周平)は夏向(山﨑賢人)が本当の兄弟ではないと言い放った。

それは、今まで千秋が隠し続けて来た事実だった。

しかし、突然のことに夏向は信じられない。

傍にいた櫻井美咲(桐谷美玲)も唖然とするばかり。

すると、冬真は夏向の本当の妹だと西島愛海(大原櫻子)を連れて来た。

愛海は、実の兄、夏向を探していたと言う。

愛海の母、つまり夏向の本当の母親が重篤な病で苦しんでいて、一刻も早く輸血が必要な治療をしたいらしい。

しかし、母親は珍しい血液型なので、血のつながった夏向に輸血を頼みたかったのだ。

いきなりの事に、動揺を隠しきれず夏向は出て行ってしまう。

美咲は追いかけるのだが、かける言葉が見当たらなかった。

柴崎家に戻った美咲は、冬真に夏向が心配ではないのかと問いかける。

だが、冬真は自分のせいでこんなことになったと言いたいのかと怒ってしまう。

美咲や千秋は、いつも夏向の味方で、自分が本当の兄弟でない方が良かったのではないかと言い放ち、冬真も家を出て行ってしまった。

冬真とすれ違いに、夏向が帰ってくるのだが…。

翌朝、美咲は夏向の部屋に食事を持って行く。

ノックをするのだが返事がない。

美咲が部屋に入ると、そこに夏向の姿はなかった。

冬真も昨夜出て行ったきり。

美咲は千秋とともにレストランの予約客にキャンセルの連絡。

シェフ不在では店が開けられない。

千秋は、夏向を傷つけてしまったのではないかと自分を責めていた。


スポンサーリンク