スポンサーリンク

式HPのトップ画像が犯人の答えになっている!

なんていう噂もあるようです。

早苗が黒幕で、日下、小山内、万紀子が共犯?

本当なんでしょうか?

ストーリー的には日下が怪しいとおもうのですが・・・

やっぱり早苗なの?

スポンサーリンク

『そして、誰もいなくなった』第6話ネタバレあらすじ

新一(藤原竜也)が友人や家族の前から姿を消して一か月が経った。

これまでテロップに出ていた「終わりの日」とは、新一がいなくなる日??

突然1か月後になっています。

終わりの日に何が起こったのか・・・

第5話ではいまいちピンときませんでしたが?

新一がパーソナルナンバーを取り戻すことを諦めた日?

っと話は戻って、

株式会社L.E.Dでは、五木(志尊 淳)と田嶋(ヒロミ)が役員から激しく叱責されていました。

新一が開発した「ミス・イレイズ」のプロテクトを外すことができずプロジェクトが滞ってしまっていたのだ。

新一以外にプロテクトを外せる人間がおらず、窮地に立たされた五木はあてもなく1週間で「新一を探す」と言い出ていった。

新一が姿を消したのと同じころ、ヘルパーの弥生(おのののか)も行方不明となっており、早苗(二階堂ふみ)は、弥生の代わりに万紀子(黒木瞳)の身の回りの世話をしていた。

そこに、小山内(玉山鉄二)が現れる。

その日は万紀子の誕生日だと言うのだ。

そのとき万紀子の携帯に新一からメールが届く。

メールにはビデオメッセージが添付されておりそこには「ミス・イレイズ」の文字が書かれていて・・・

しかし、

添付ファイルはウイルスだった!

万紀子の携帯のデータはすべて消去され、アドレス帳に入っていた連絡先全員にそのウイルスメールが転送されたのだ!

一か月ぶりの連絡がウイルスだったなんて。

一人にしてほしいという万紀子・・・

万紀子と別れ2人きりになった小山内と早苗の元に、新一を探して五木がやってくる。

万紀子に届いた新一からの「ミス・イレイズ」メールのことを聞いた五木は、プロテクト解除のヒントがあるのではないかと考え、早苗からそのメールを転送してもらう。

会社に戻った五木は早速プロテクトを解除するために作業に取り掛かるが、解除成功かと思われたその時、見たこともない光景が五木を襲うのだった。

なんと会社のすべてのデータが削除!!?

一方でバー「KING」が1カ月ぶりに店を開け、そこに小山内が日下(伊野尾慧)を訪ねてくる。

小山内は日下から新一の居場所を聞きだそうとするが、日下は知らないと言う。

小山内は店が閉まるのを待って日下の後をつけようとするが、突然背後から襲われて気を失ってしまう。

ガキの使い(馬場)が藤堂新一に指示されたと言っていた・・・

意識を取り戻した小山内は、手足を縛られ真っ暗な空間に。

スポンサーリンク

車のトランク?

しかし警察からトランクをあけるように指示される馬場。

ゴールデンレトリバーだと言い張る馬場

逃げる馬場は無線?で助けを求めるが、一人で何とかするようにとの指示が・・・

これを新一や日下たちは知らないようでしたが、馬場が助けを求めた人物は誰だったのでしょうか?

4人の依頼人??

警察車両2台を振り切れない馬場は、そのままスピードを上げて海の中へ・・・

果たして、小山内の運命は!?

通報したのは弁護士の西条だったのでしょうか?

6話から一気に話が見えなくなりました・・・

あとあとつながってくるんでしょうが。

『そして、誰もいなくなった』第7話ネタバレあらすじ

そして、誰もいなくなった

毎週日曜 よる10時30分~11時25分 放送

第7話

8月28日放送

車のトランクに閉じ込められた状態で海に落ちた小山内(玉山鉄二)だったが、奇跡的に命を取り留める。

病院で目覚めた小山内のもとにやってきた鬼塚(神保悟志)は、小山内が入れられていたトランクの中にあったという「西野弥生」と書かれた名札を見せる。

行方不明になっている弥生(おのののか)が何か事件に巻き込まれたのではないかと小山内の中に不安がよぎる。

新一(藤原竜也)は日下(伊野尾慧)、砂央里(桜井日奈子)と、馬場(小市慢太郎)の帰りを待っていた。

翌日に控えた計画実行のためには、馬場がいなくてはならない。

だが馬場は戻ってこなかった。

「ギリギリまで待とう」と言う新一だったが、砂央里には嫌な予感がしていた。

小山内は早苗(二階堂ふみ)に身元を引き受けてもらい退院すると、万紀子(黒木瞳)から「ある場所に急ぎで行ってほしい」と頼まれたことを打ち明けられる。

いなくなった新一の手がかりがあるのではないかと考えた二人は、万紀子から聞いたその住所を目指す。

万紀子から聞いたその住所に向かうとそこには一軒のログハウスが建っており、インターフォンからは二人が聞き覚えのある声が聞こえた。

「今、立て込んでいる」と答えたその女性の声の主は・・・??

一方、日下と砂央里は計画実行を前に、ビルの屋上を偵察。

計画の失敗を恐れる砂央里は、今まで隠していた日下への想いを不意に打ち明ける。

予想もしていなかった砂央里の告白に動揺する日下。

そして、二人の距離が近づいていき――。

そして、結局馬場が戻らないまま、新一が密かに進めていたドローンを使った計画は3人だけで遂行することに。

それぞれ、担当を割り振られた屋上に、ドローンを設置していく3人。

砂央里が最後のドローンを置いたそのとき、西条(鶴見辰吾)が現れ、ある提案を持ちかける。

それを聞いた砂央里の決断は――?


スポンサーリンク