スポンサーリンク

に始まったオトナの土ドラ『ノンママ白書』

放送前には、
「時代錯誤だ」
などと叩かれていましたが・・・

実際はどんな内容でしょうか?

また、放送地域に関西や広島が入っているのか?という部分も注目されていましたが、

関西はカンテレ

広島はTSSテレビ新広島で放送がされています。

それでは『ノンママ白書』第1話2話あらすじ

「ワーママ推進プロジェクト」の担当に梨々花を抜擢する土井。

だが、梨々花は同じ部の吉沢とトラブルを起こしていた!?

吉沢のパワハラ?

それとも梨々花の逆パワハラ?

対立する二人に土井は頭を悩ませ・・・

スポンサーリンク

ノンママ白書1話【予告動画あり】ネタバレあらすじ

土井玲子(鈴木保奈美)は、都内の中堅広告代理店に勤める49歳、バツイチ、子無し。

企画戦略本部の企画制作部でプロジェクトリーダーを担う、いわゆるキャリアウーマンだ。

今日も忙しく社内外を飛び回っていると、後輩の山田月ルナ(22・堀田茜)に呼び止められた。

「土井さん、スカートの後ろ、失敗してます」

ルナに耳元で囁かれる土井。

急いでトイレに駆け込むと、なんとスカートのお尻の部分に赤い染みが付いていた―――

その夜、土井は西麻布のとあるバーに向かった。

いつもの席には同期で人事部の大野愛美(菊池桃子)とルポライター葉山佳代子(渡辺真起子)が待っていた。

ともに49歳、ノンママ(=子供を産まないという選択をした女性)だ。

この日もお互いの胸のうちを話し始める。

世間の冷たい目や、上司の理不尽な仕打ちに耐え頑張ってきた土井たちの世代。

女も社会の戦力になると必死にあがいてきたのに、今では少子化ストップの風潮の中、ワーママ(ワーキングマザー)の存在がもてはやされ、結果、土井たちノンママは肩身が狭くなっていた。

会社では、上からは抑えられ、下からは突き上げられ、男からは煙たがられ、女からは敵視され、四面楚歌の土井。

そんな中、土井の部長昇進の噂話が話題になる。

確かに同期入社の本城司(50・高橋克典)は既に管理職になっている。

かつて本城と男女の仲であった土井。

それぞれが別の相手と結婚し、単なる仕事仲間に収まったが、30代になりお互いが離婚。

スポンサーリンク

その後も二人の間に恋の炎は再燃することはなかった。

だが、お互い全く意識していないと言えば嘘になる。

ずっと気になる存在で居続ける事は確かであった・・・

ノンママ白書2話【予告動画あり】ネタバレあらすじ

本城(高橋克典)から土井(鈴木保奈美)の元へ、新しい企画の話が舞い込んできた。

それは、働くママさんにとって最良の環境づくりを!という「ワーママ推進プロジェクト」の企画だった。

「ワーママ推進プロジェクト」の担当に若手の梨々花(南沢奈央)を抜擢する土井。

土井はやる気を見せる梨々花に期待を寄せていた。

だが、梨々花は、土井に相談することなく同じ部の中年男性・吉沢(坂本充広)に「パワハラ」されていると、突然、人事部へと訴えたのだ。

木村本部長(佐戸井けん太)から呼び出された土井は「女性同士のほうがなんとかできるだろ?」とトラブルを解決するよう言われるが・・・

さっそく梨々花に「パワハラ」のことを尋ねる土井。

梨々花は吉沢からのパワハラで生理が止まるほど精神的に追い詰められていた。

一方、吉沢に話を聞いてみると、「ら抜き言葉で溢れた企画書を注意しただけ」と上司として当たり前の対応をしただけだと反論されてしまう。

「パワハラ」か「逆パワハラ」か?!

双方の言い分に頭を悩ませる土井・・・

そんな土井の前に、会いたくない人物が現れた。

元夫のことをよく知る吾妻(高橋かおり)だ。

吾妻から元夫にまつわる<あること>を聞かされた土井は、密かにショックを受けて!?

その夜、いつものバーで大野(菊池桃子)と葉山(渡辺真起子)にめずらしく弱音を吐いてしまう土井。

元夫に対する「あの時、もしもこうしていれば」という想い・・・

自分の意志でノンママを選んで生きてきたのに、どこかで「これでよかったんだろうか?」と葛藤してしまう土井。

大野や葉山から「信念があるからこそ、会社初の女性管理職になれたんだよ」と励まされ、気持ちが少し軽くなった土井のもとに、突然、梨々花がやってくる!

「話がある」と切り出した梨々花の口から、想像を絶する衝撃の事実を告げられる!!?


スポンサーリンク