スポンサーリンク

のドラマとはちょっと変わった趣向ではないですか?

コレ。

ヤバイ。

視聴率も高めです。

第1話視聴率
10.0%

第2話視聴率
11.4%

第3話視聴率
8.4%

第4話視聴率
9.8%

リオデジャネイロオリンピック期間中も高視聴率を維持しています!

それでは『はじめまして、愛しています。』5話6話です。

スポンサーリンク

『はじめまして、愛しています。』5話ネタバレあらすじ

ハジメ(横山歩)に親と認められ、梅田美奈(尾野真千子)と夫の信次(江口洋介)にとって本格的な子育てがいよいよ始まる。

堂本真知(余貴美子)の助言に従い、「ハジメにどんな人間になって欲しいのか」を考える二人。

信次はハジメが笑わないことを気にかけ、「笑顔を絶やさない人になってほしい」と大らかな目標を掲げる。

些細なことでも「ハジメは偉いな!」と褒めてばかりの信次。

そんな信次とは対照的に、甘やかしてばかりじゃいけないという美奈。

いや~理想的な父親じゃないですか!?

たくさん遊んでくれるし!!

一方の美奈は、ピアノ教室でさまざまな子どもを見てきたせいか、挨拶から食べ物の好き嫌い、箸の持ち方など細かいところまで、つい多くを望んでしまう。

その結果、美奈は知らず知らずのうちに、ハジメに「ダメ」と「◯◯しなさい」を繰り返すようになっていく。

最初は渋々ながら言うことをきいていたハジメだが、やがてイライラが爆発。

ピアノ教室の邪魔をすると、美奈から字の勉強をさせられていた道具を庭に放り捨ててしまう。

その態度にカッとなった美奈は思わず手を上げ・・・

美奈と信次が愛情をどう伝えるべきか思い悩む中、ハジメの反抗的な態度はなおも続き、ついには

「お母さんのピアノなんか嫌い!お母さんも嫌い!」

と美奈に楯突くまでに。

それを聞いた信次は顔色を変え!?

『はじめまして、愛しています。』6話ネタバレあらすじ

ハジメ(横山歩)が幼稚園に入る日がやってくる。

梅田美奈(尾野真千子)は準備に大忙し。

夫の信次(江口洋介)が「うめだはじめ」と書かれた名札を見ながらしみじみ感涙を流そうとも、付き合ってばかりはいられない。

ハジメは普通の幼稚園生活になじめるのか?

ハジメが養子であることを知らせるべきか?

何より、自分たちはまだ6カ月の試験養育期間中なのだ。

堂本真知(余貴美子)はこのまま何事もなければ特別養子縁組が確定するだろうと言うが、美奈の心配は尽きない。

そんな中、不破春代(坂井真紀)の娘の明日香(平澤宏々路)が梅田家に家出してくる。

その理由は「ママに虐待されたから」??

幼稚園では心配していたトラブルが入園早々に発生する。

呼び出しを受けハジメを迎えに行った美奈は、園児の間でいじめがあることを知らされる。

また、ハジメが描いたという家族の絵を見せられ・・・

スポンサーリンク

『はじめまして、愛しています。』5話みんなの感想


スポンサーリンク