スポンサーリンク

の風物詩としてTBS放送の深夜ドラマ『死幣ーDEATH CASHー』

時間帯とドラマの内容がマズイのか?

視聴率はかなり低いのです。

第1話視聴率
2.3%

第2話視聴率
1.6%

第3話視聴率
1.7%

第4話視聴率
1.2%

この低視聴率を脱するべく、第6話から元宝塚歌劇団男役トップスターで女優の柚希礼音さんのレギュラー出演!

昨年、宝塚歌劇団を退団後初のドラマ出演。

そしてテレビドラマでは初の女役となります!

柚希さんが演じる茅原伊織は刑事の若本を見張る監察官で、6話(8月17日(水)24:20〜24:50※5話と6話は時間変更)からレギュラー出演します。

さらに!

『女子高生全国ミスコン2015-2016』で日本一かわいい女子高生に選ばれた“りこぴん”こと永井理子と、昨年『エイベックス サンシャイン グラビア オーディション』でグランプリを獲得したTwitterフォロワー数8万人越え!“りーめろ先輩”こと莉音が31日放送のTBS系連続ドラマ『死幣』(毎週水曜 深0:10)の第8話でドラマ初出演を果たすことが発表されました。

彼女らが死幣の起爆剤となるのでしょうか?

8月17日放送の第6話は、リオデジャネイロオリンピック特別編成のため、0時20分からのスタートとなります。

放送時間にお気をつけください。

スポンサーリンク

『死幣ーDEATH CASHー』第5話ネタバレあらすじ

次々とゼミのメンバーが“死幣”の呪いで死んでいく中、由夏(松井珠理奈)と若本(戸次重幸)は30年前江栗馬村で起こった事件の唯一の生き残り・紫乃(木野花)から当時の事件の全てを聞く。

そこで分かったのはある女性の死が関係した“死幣”のルーツ。

村人たちに殺された夏子。

早くに両親を亡くした夏子は紫乃の事をお母さんと慕い、よく笑うヒマワリのような明るい子だったという。

しかし、そんな夏子にゆっくりと村の黒い影が近づいていった。

江栗馬村の村長から呼び出され、息子とお見合い。
夏子は高校卒業後、結婚することになっていたのだった。

でも夏子には東京で女優になるという夢があり、18になったときに人知れず村を出て行った。

東京では女優になれず、女の子2人と夫の借金に怯える日々を送り、ついには無理心中を強要されるまでに。

ついに夏子は村を出てから10年後、着の身着のままで紫乃の元へ帰ってきたのだった。

これが悪夢の始まり。

10年前に一度は村を捨てた夏子は、村で働かせてもらうこともできず、七里からも外されてしまった!?

食べる物も少なく、娘の薬も買う事が出来ない夏子。

そんな彼女に紫乃は食事を持って行こうとするのだか、村長に脅されて夏子を助ける事もできない。

姿を見せなくなった夏子を心配した紫乃だったが、家に着くとそこには動かなくなった3人の姿と、「おなかすいた」と書かれた紙切れ。

風習に習い、三途の川を渡るために船代として使えるようお金を持たせようとした紫乃だったが、その紙幣も村長に取り上げられる。

それから、紙幣に黒いシミが浮かんで村人たちが次々と・・・

由夏はいま起こっている死幣の呪いから何としてもゼミのみんなを守りたいと改めて決意する。

一方、そのゼミ生の一人・灰谷(葉山奨之)は2億円を運用する個人投資家で、“死幣”の裏をかくある秘策を講じた。

この方法をとれば“死幣”の呪いから逃れることができると考えた灰谷。

全ての紙幣を電子マネーに、数字に変わったと笑う灰谷だったが、お金に困っている人は自業自得だという灰谷に、由夏が「灰谷くんは誰よりも弱く見える」とその考え方を否定。

そんな中、新たな事実が発覚する。

由夏や若本のほかに30年前の江栗馬村の事件について調べている人物がいたと 紫乃から連絡があったというのだ・・・

なんとその人物は・・・

財津教授!?!?

仕組まれたゼミ合宿だったんですね!

この死幣(夏子)の呪いを解くカギは由夏でしょうね!

名前にも共通点があります。

夏の風物詩ですね~

『死幣ーDEATH CASHー』第6話ネタバレあらすじ

「いつも見えるのに見えなかった」 残るゼミ生はあと2名。由夏と真理の運命は…!! 8/17(水)『死幣』#6【TBS】

灰谷(葉山奨之)が死に、ゼミのメンバーは由夏(松井珠理奈)と真理(中村ゆりか)の2人になってしまった。

これ以上の犠牲者を増やしたくない由夏は、唯一の仲間である真理の家を訪ねる。

そこには大手建設会社の社長と再婚した母・千尋(田中美奈子)の反対を押し切り、社長令嬢にも関わらずアルバイトをしながら質素に一人暮らしをしている真理がいた。

お金を持つと人は醜くなると言う真理は、「あなたのことが嫌い」と由夏を部屋から追い出してしまうのだった。

一方、財津(筧 利夫)の行方を必死で追う若本(戸次重幸)のもとに、若本の過去を知る監察官の伊織(柚希礼音)が現れる。

伊織は若本とは旧知の仲で、このままでは過去に起こった事件の二の舞になると“死幣”の捜査をやめさせようとする。

伊織が現れたことで捜査をすることが難しくなったことと、真理の生い立ちを伝えるため由夏と小夢(清原果耶)の家を訪ねる若本。

スポンサーリンク

小夢の計らいで3人は夕飯を一緒に食べる。

そこで由夏は若本の妹の存在を知ることに・・・

翌日、ついに財津の居所を突き止めた若本。

隠れ家に乗り込んで目にしたものはなんと・・・!?

『死幣ーDEATH CASHー』第5話みんなの感想


スポンサーリンク