スポンサーリンク

の心を救うはずの精神科医が、その心を操作するというのは、なんともやり切れません。

精神科医にも心を救ってくれる人が必要だったのかもしれません。

それでは『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』5話6話です。

スポンサーリンク

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第5話ネタバレあらすじ

事件の知らせを聞いて駆け付けた比奈子(波瑠)と東海林(横山裕)の目線の先に現れた少女の遺体は口にキャンディーを詰められており、5年前に起きた猟奇殺人事件とそっくりで、まるで当時の犯人が、5年の時を経て自分の存在をアピールしているかのようだった。

東海林は、今回の事件も中島(林遣都)に捜査協力を要請しようと提案。

中島が5年前の事件の第一発見者だったことを知る比奈子は心配するが、当の中島は過去の悪夢と向き合う良い機会だと話す。

同じ頃、比奈子と厚田(渡部篤郎)は、妙子(原田美枝子)から、とある未発表の論文を見せられる。

ネグレクトが原因で犯罪に手を染める人間の脳に直接刺激を与え、感情を操作するというテーマで、書いたのは中島と早坂(光石研)だった。

倫理的な問題もあり、研究は途中で頓挫したというが、妙子は何か引っかかる様子。

その晩、誰もいない院長室には、早坂のパソコンを起動させる中島の姿があった。

一方、東海林はこれまでに起きた5件の猟奇自殺が早坂の仕業ではないかと考えていた。

比奈子を連れてクリニックへ向かった東海林は、自殺した5人全員がハヤサカメンタルクリニックと接点があることを指摘。

比奈子も、自殺に追い込む方法として例の論文の話を持ち出すが、早坂は関与をきっぱり否定。

詰め寄る東海林に「証拠を持ってきたまえ」と告げて……。

一連の殺人犯の自殺は、精神科医の犯罪者の記憶を操作したことによる犯罪でした。

人の心を扱う仕事ではある医院長と精神科医。

表向きは、医院長は殺人犯の無い世界を作るため犯罪者の記憶に侵入・操作して記憶を1年かけて書き換えるものでしたが、結果、犯罪者に5年前と同じ手口で犯罪を起こさせているあたりは、自分が世の中に「神」と崇められたい・評価されたいという自分の能力を誇示したもののように感じました。

医院長は、自分が記憶を操作した殺人犯に殺されますが、それは精神科医が更に殺人犯の記憶に侵入・操作して殺させたものでした。

人の記憶を侵入・操作をこの2人の精神科医は、いとも簡単にやっていますが、本当に簡単に出来るのか、その人達に対する人権は全く無視されている事に違和感を覚えます。

スポンサーリンク

医院長を殺害した犯人は、精神科医の記憶の書き換えによって自殺をさせられますが、5年前の少女の殺害について、動物では収まらず人を殺したかったと発していたので、医院長が世の中から殺人犯を無くしたいという思いで殺人犯を操作していたとしたら、犯人はなんら5年前と変わらない。

医院長の操作は失敗に終わったのかもしれません。

精神科医は、被害者の心に寄り添って話を聞いているうちに殺意を覚えたようですが、被害者の為に、殺人犯の脳にスイッチを入れたとは思えず、被害者の心の傷を受け止めきれない自分の逃げる方法に殺人者を自殺させたように感じます。

自分は直接殺人に手を下していないとしても、自分の殺人犯としての葛藤は感じますが人の心を救うはずの精神科医が、その心を操作するというのは、なんともやり切れません。

精神科医にも心を救ってくれる人が必要だったのかもしれません。

放送中盤で殺人犯の自殺については、一応カタがついたようですが、今後も精神科医の行方は続くのか。

このまま、解決とされるのか。まだ、疑問も残るところがあるので是非、行方は見守っていきたいと思います。

次回第6話は、いよいよ藤堂比奈子に迫るようなので新しい展開とともに期待して楽しみに待っていようと思います。

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』第6話ネタバレあらすじ

2016年8月16日
火曜22:00~

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
第6話

中島(林遣都)の逮捕以来、元気がない比奈子(波瑠)を厚田(渡部篤郎)や倉島(要潤)は心配するが、東海林(横山裕)だけは比奈子の落ち込んだ表情を「うそくさい」と言い、どこか警戒している様子。

そんななか、公園で他殺体が発見されたと通報が入る。

見つかった遺体の口には大量の100円硬貨が詰め込まれ、解剖の結果、特殊な器具を使って、胃に到達するほどの量を無理やり流し込まれたことが分かる。

また、遺体の指紋が焼かれ、所持品もなかったことから、厚田は身元の洗い出しと目撃情報の収集を指示。

自らも比奈子と一緒に聞き込みへ向かう。

すると、街中で転んで怪我をした老人・稲富信吾(浜田晃)に出くわした2人。

稲富を家まで送り届けると、そこは身寄りのない老人たちが共同生活を送るシェアハウスだった。

捜査が進展しないまま数日が経ち、再び口から大量の100円硬貨を流し込まれた遺体が発見される。

一方、比奈子は妙子(原田美枝子)から、中島が『精神・神経研究センター』という施設に入所したことを聞く。

表向きには人体に関する研究施設だが、実際には罪を犯した天才科学者や猟奇犯罪者の隔離矯正施設だという。

その頃、捜査に行き詰まり、いつものように情報屋の藤川(不破万作)と接触した東海林だったが・・・


スポンサーリンク