スポンサーリンク

回気になるのが「たくみ」が誰なのか。

これまで「たくみ」という兄を探す謎の女性・西島愛海(大原櫻子)が度々登場してきました。

どうやらこの「たくみ」は柴崎三兄弟と何か大きな関係があるようなのです。

「たくみ」が一体誰なのか予想されており、「千秋」もしくは「夏向(かなた)」ではないかと言われていますね。

しかし全く新しい人物が登場するのでは?とも思います。

戸籍謄本に記載されていた「柴崎春人」の存在も気になりますね!

実は4兄弟??

それでは、スキコト『好きな人がいること』第5話と第6話のネタバレあらすじです。

スポンサーリンク

『好きな人がいること』を動画で視聴するには?

さて、ドラマ『好きな人がいること』を1話から見直す方法をご紹介します。

月9『好きな人がいること』は見逃し配信してるので、放送終了後1週間は無料で見逃した動画を視聴することができます。
アプリをダウンロードして利用してみてください!!

無料で公式動画が見れるのです!

無料登録でプラス7というサービスを利用すれば、ドラマ放送から7日間は無料見逃し配信でドラマを見ることができます。

しかし!!

もう1週前を見てなかった!

とか、

もう一度見たい!

と思っても、過去の動画1話、2話、3話と視聴することはできません。

そこで活躍するのがFODプレミアムです!

FODプレミアム

FODプレミアムの利用で、最大1カ月無料のFODプレミアムを試すことができます!

フジテレビID新規登録限定で、FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料になります。

1か月無料お試しキャンペーンでFODフジテレビオンデマンドはこちら

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

+最新雑誌読み放題もついてます

解約もいつでもできますし、無料期間内に解約した場合料金はかかりませんので、一度試してみてはいかがでしょうか!

詳細はこちら

FODプレミアムをご覧ください

好きな人がいること

スキコト『好きな人がいること』第5話の感想・ネタバレあらすじ

美咲(桐谷美玲)と千秋(三浦翔平)が、花火大会に行くことが決定し、浮かれる美咲。

それに対して「行くな」と渾身の勇気を振り絞って言った夏向(山﨑賢人)だが…美咲は

「あんたも人の心配するようになったんだね」と違う意味で捉えてしまう。

千秋の側に居られればいいと言っていた美咲だが、少しずつ千秋と付き合いたいと心から思うようになってきた。

欲が出てきた!と、美咲は話していたけど、それが普通ですよ。

普通の人間なら、そう願ってしまいますよね!

花火大会の日に、浴衣を着るか悩む美咲に冬真(野村周平)が
「着なよ!浴衣着てると2割増しで可愛く見えるよ。浴衣マジックってやつ!」
と助言。

浴衣って本当かわいいですよね♪
私も大好きです\(^^ )

花火大会の前日、西島愛海(大原櫻子)がSea Sonsにやってきた!!

千秋に話しかけるという大勝負に出ましたね!

「西島愛海と申します。いそやまなぎさの娘です。お話があるんですが…」

と話すと、顔が硬直する千秋。

いそやまなぎさとは…誰なんだろう?気になる。

外に出て話そう…って。すごい表情。

「俺たち兄弟に関わらないでくれ」

うーん、どういうこと??
スゴク気になる。

その後、美咲が浴衣を買いに出掛けるんですが、その時に楓(菜々緒)を喫茶店で見かけます。

知らない強面の男の人(4話くらいにもちらっと出てきましたね)に、お金の入った封筒を渡していました。

「友達に借りてたお金、返してただけ。留学ってお金かかるんだよね」

そう話す楓に美咲は
「留学なんて嘘なんですよね!?こないだ聞いてしまった。」

と言ったのだけど、

「千秋は優しいけど、つまらない男だよね。本当は別れたかっただけなの。私ね、今夜この街を出るの」

と、楓。

それを聞いた美咲は、楓が街を出てしまう事を千秋に話すべきか悩んでしまう。

素直さが売りの女の子。
こういう子、少女マンガやドラマに多いですよね。

言わなきゃいいのに!!
大体それでこっちがヤキモキしちゃうよ。

それを、夏向に相談すると
言うだけ無駄、と助言をもらい安心する美咲。

ウキウキして、浴衣買っただとか、好きな人がいるって楽しい♪とか夏向に言うもんだから…

ヤキモチもあってイライラしちゃう夏向。

「さっさと出てけよ。そんな話聞きたくねーんだよ。てか、お前の浴衣姿なんて誰も見たくねぇ。」

って。んーーもう素直じゃないんだからぁ。

さて!花火大会当日。

そういえば、花火大会の日に冬真は専門学校の実技試験って前話で言ってたっけ。

受けるか受けないか、微妙な言い方だったけど
一応朝から、家で練習してました。

スポンサーリンク

本当はがんばりたいけど、自分の実力とお兄さんと比べちゃって複雑な心境なんだろうな。

作ってた料理はオムバーグ。
これがお父さんの味だもんね。

でも今自信が持てないなら、あえてこの料理以外を頑張ってみたらいいのに!
余計比べちゃうよ(:_;)

そんな中、夏向と楓がバッタリ道で出会ってしまう。

「留学してなかった事、千秋には黙っててくれたんだ」

それが千秋のためだと言う夏向に
「分かってるよ。いい兄弟だね!うらやましいな。元気でね!」

と去る楓。顔が辛そうだよ。

いい兄弟だね…?
なんか引っかかる言い方です。もしかして…

さてさて、とうとう美咲と千秋の待ち合わせ。
美咲が先に、待ち合わせ場所で待っていると…

千秋が携帯で、美咲をパシャッと隠し撮り!

「もしかして、今撮りました!?」

と美咲が聞くと

「うん、可愛いからね♪」

うわぁ、ずるい。毎回だけどずるい!
かっこいい!確信犯だよ。可愛い悪魔だね。

花火が始まる前に告白しようと決心する美咲だが、街の子供たちに邪魔されてしまう。

そこで、とりあえず飲み物買ってくるね!と千秋が買い出しに行くと

先日、楓がお金を渡していた男と再び出会ってしまうのです。

「あれ?君さ、楓の知り合いだよね?楓知らない?連絡付かなくてさ。」

「お友達なのに、行き先とか聞かされてないんですか?」
と美咲が聞くと、俺らは友達じゃなくてもっと深ーい関係…だと言う謎の男。

ここまでで、もうすでに気付いた方もたくさんいるとは思うけど…

楓のお兄さんなんですって。

実は2年前のあの時、楓のお兄さんが借金を作ったようです。それを楓が六本木のクラブで働いて、少しずつ返していったみたい。

借金が終わって、やっと湘南に帰ってきたら…またお兄さんが表れて…。

こりゃ延々と続くパターンですね。
本当、最低なお兄さんですね(`´)

当時つき合っていた千秋にも、お金も借りようとした為、留学すると嘘をついて別れるという選択をしたという楓。

これを、お兄さんから聞かされた美咲はもう心の葛藤が半端ない!!

モヤモヤしながら千秋と歩く美咲。

だが千秋のおすすめ穴場スポットまで着いて、やはり素直な美咲は、黙ってはいられません。

「今回も千秋さんの為に、この街を出るんです。楓さんのところへいってあげてください。
私の事は気にしないで大丈夫ですから。」

もう~言わなくていいよ。
ここで言わなくても誰も責めたりしないよ(ToT)

東京の友達とこっちに遊びに来てるみたいなので、友達と一緒に花火を見ます!と嘘をつく美咲。

「…ごめん。」

と一言残し、一度も振り返る事もなく走っていく千秋。

行っちゃったよぉ。゚(゚´Д`゚)゚。

友達なんか、嘘だもの。
一人で泣きながら花火を見る美咲。

実は、楓のお兄さんから事実を聞かされた人物がもう一人!

夏向です!

千秋を捜しにSea Sonsにきた楓のお兄さんに、夏向が聞いちゃうんですね。

「お団子の頭した子(美咲の事)も、俺の事興味津々でさ~」

と美咲にもこの話をしたことを夏向が知る事に。

そうなると察しのいい夏向は、
”素直な美咲なら、この事を千秋に言うだろう”と考えます。

そして、兄弟のみが知る穴場スポットに行くんですね。

なんだかんだ優しい(*^^*)

バカみたい。キャラじゃない浴衣なんて着ちゃってさ。いい年してみっともないって泣く美咲に

「悪くねーじゃん、思ったより」

と浴衣姿を、夏向なりの言葉で誉めます。
優しい言葉をかけられて、更に泣く美咲。

「千秋さんがいっちゃった……千秋さん居なくなっちゃった…」

…とその時!

えーーー!!!
夏向が美咲を抱き寄せた!!!

「俺がいるよ。俺が側にいてやるよ…」

うわぁーーー!!!

いきなり来たー!

予告でも、お前の事好きだっつってんだろ?とか言ってるし!

来週も、目が離せませんよ!!(>_<)

スキコト『好きな人がいること』第6話ネタバレあらすじ

花火大会の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は柴崎千秋(三浦翔平)への想いをあきらめざるを得なくなった。

そんな美咲だが、夏向(山﨑賢人)に「俺がそばにいてやる」と抱きしめられる。複雑な心境の美咲・・・

翌朝、夏向と顔を合わせた美咲は、動揺を隠しきれない。

しかし、夏向は今までと同じように、ムスッとしたぶっきらぼうな態度。

そこに来た千秋は、高月楓(菜々緒)とやり直すことにしたと美咲に告げる。

分かっていたとは言え、千秋から直接聞いてしまうとは…。

美咲は1人になるために洗面所へ急ぎ、涙を隠すために、しばらく顔を洗い続けた。

そんなある日、千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込んだ。

コラボする店は超有名レストランだと聞いて、冬真(野村周平)は驚く。

千秋によると、先方が夏向と一緒に仕事がしたいと指名してきたそう。

すると、話を聞いていた冬真の表情が少し曇った。

早速、夏向は美咲と一緒に先方のレストランに打ち合わせに向かう。

そこで、2人を出迎えたのはレストランプロデューサー、大橋尚美。

美咲は有名プロデューサー登場に大はしゃぎだが、夏向は尚美に軽い挨拶。

夏向と尚美は知り合いのようだ。

打ち合わせを終えた美咲は、久しぶりに石川若葉(阿部純子)に会おうと待ち合わせの約束。

そして、帰ろうとした美咲を夏向が引き止めた。

行きたいところがあるので付き合えと言う夏向に、美咲は・・・


スポンサーリンク