スポンサーリンク

山大五郎は誰に殺されたんでしょうか??

誰が殺したのかわからないのに、全員で徳山大五郎を隠すなんて~

そもそもなんですが、生徒の中に犯人がいるの?

実はほかの先生とか?

スポンサーリンク

『徳山大五郎を誰が殺したか?』第4話ネタバレあらすじ

徳山大五郎の遺体をロッカーに隠して3日目。

副担任の神崎が三年C組の担任を代行することになった。

徳山殺しの犯人は近くにいるに違いない…。

生徒たちは、担任代行になり張り切る神崎に対し、そしてクラスの仲間に対し、どんどん疑心暗鬼になっていく。

そんな中、刑事の矢代(菅原大吉)が突然教室に現れる。

徳山のことがバレたのかとそわそわする生徒たちに、矢代は聞き込みを始めた。

3日前の明け方、新宿の風俗店に空き巣が入り、現場に徳山の財布が落ちていたのだという。

生徒たちは参宮橋校長からすでにその話を聞いていたのだが、矢代は、徳山がただの客だったことはすでに分かっており、生徒たちに聞きたいのは別の件だという!?

『徳山大五郎を誰が殺したか?』第5話ネタバレあらすじ

2016年8月13日放送

第5話【裁判シタイ】

教室のエアコンに小型カメラが仕掛けられていた。

担任の徳山大五郎が盗撮目的で仕掛けたのか…?

放課後、生徒たちが映像を再生しようとしていると、思いがけず矢代刑事(菅原大吉)が教室に戻ってきた!

矢代に促され、やむを得ず再生を始める。

映像のタイムコードは2日前の朝。

やがて、教室に入ってくる人物が映し出されるが、映像は突然途切れた。

翌日、教室はエアコンが効かず朝から暑い。

そろそろロッカーの中の“臭い”を何とかしなければ…。

そんな中、不登校だった長濱ねるが突然登校してくる。

二時間目の授業は美術。

特別講師のノエル(ル・ギャル・アルノ)によるフランス語での授業である。

エアコンの効かない教室の暑さを何とかすべく、ノエルが扇風機を探しに行った隙に、一同は長濱に質問を浴びせるが・・・

『徳山大五郎を誰が殺したか?』第4話みんなの感想


スポンサーリンク