スポンサーリンク

増村に隠された秘密とは!?

第5話は、前回4話の続きという流れでした。

視聴率は問題になっている?ようですが、今の時代視聴率って必要なんでしょうか?

録画だったりオンデマンドで見ている人も多いですよね。

それでは気になる視聴率です。

第1話視聴率は

6.4%

第2話視聴率は

6.2%

第3話視聴率は

5.7%

第4話視聴率は

5.4%

スポンサーリンク

『神の舌を持つ男』第5話ネタバレあらすじ

流浪の温泉芸者ミヤビ(広末涼子)を追って毛増村にやってきた蘭丸(向井理)ら一行は、土砂崩れに遭い帰る道を失った挙句、殺人事件に遭遇。

毛増村ではこの時期、村の刃物をすべて「雷神寺の祠」に封印しており、村に刀を持ち込んだ蘭丸、光(木村文乃)、寛治(佐藤二朗)が村に祟りを持ち込んだと村中から睨まれ、監禁されてしまった。

村でただ一人の味方・町子(臼田あさ美)に助けられ、事なきを得るが、祟りを信じる「雷神寺」の住職・神村精進(石橋蓮司)は娘の町子が蘭丸らと行動を共にすることを忌み嫌う。

と言った寛治(佐藤二朗)による第4話ナレーションから始まる第5話

佐藤二朗ってほんとすごいです。

このドラマにとっても必須の俳優ですよね!

一方、みかねた村長の赤池慎太郎(きたろう)は、蘭丸らを責任持って預かると宣言。

「波外ノ湯」主人である自分と息子の辰也(柄本時生)が宿で三人の行動を監視すると約束してその場を治める。

ある日、蘭丸は「波外ノ湯」仲居の老婆(松金よね子)から村に古くから伝わる「毛鞠唄」を聞かせてもらうことに。

しかし、
蹴鞠?

おばあさんたちうますぎですよ!
サッカー選手ですか?

身体能力高すぎ!!

その唄を聴いた蘭丸は、あることに気付く。

そこへ、姿を消していた辰也が遺体で発見されたと知らせが入る。

しかもその殺され方が「毛鞠唄」3番の歌詞とそっくりだと言う。

よそ者の祟りだと言う村人。

蘭丸はこの呪いに見せかけた殺人事件の謎を解くことが出来るのか!?

そこに!

突然現れたスキンヘッドの50歳から60歳、ヤクザ風!

いつも出てくるミヤビの愛人?

しかし突然推理をはじめる。

誰?

これまで蘭丸たちが解決してきた、数々の温泉場でのことも知っているという。

「そこに泊まっとったけ!」

簡単にバラしすぎで、もうミヤビの愛人じゃないこと確定ですかね!

あ!

この人がヤブ先生だったのか!

ミヤビの主治医だったという。

あれ?

蘭丸が被害者を舐めるシーン、ボカシが入ってますね?

何か苦情などがあったのか?

それとも、蘭丸の舐めたくない気持ちの表れ?

下に入るテロップも
「※良い子はマネするな」
って~_~;

そうやって舐めて舐めて、いつものように事件を解決していく蘭丸たち。

その中で今回は蘭丸と光の出会い、なれそめが語られましたね!

今回の鍵になる味は・・・

毛増草?

佐藤二朗のチョコチョコはさんでくるツッコミが相変わらず良い味だしてます。

しかし事件の1人目の犯人が旅館の息子・辰也、そしてその辰也である3人目の犯人は住職だったんですね。

ん?

2人目の犯人は?

と思ったところで蘭丸が言ってくれましたね!

しかし、この夫婦のすれ違いはかなしい。

そして今回も、なぜかガソリン満タン。
ミヤビの次の宿泊先をゲットします。

『神の舌を持つ男』第6話ネタバレあらすじ

事件のカギは鍵!? 今宵も舐めて解決します!! 8/12(金)『神の舌を持つ男』#6【TBS】

流浪の温泉芸者ミヤビ(広末涼子)を追って大山温泉に辿り着いた蘭丸(向井理)ら一行は、またしても一足遅れでミヤビと会えず。

しかも今回は、ミヤビを迎えに来た男と姿を消したと言う。

蘭丸がミヤビの似顔絵を元に行方を探していると、土産物屋のマスノ(平田敦子)がミヤビを知っていると言う。

その日の朝、怪しげな男がミヤビの写真を片手に探し回っていたから覚えていたらしい。

すると、その怪しい男・金子(宅間孝行)が土産物屋そばの共同湯にやって来た。

話を聞こうと蘭丸が金子を追うも、金子は共同湯に入り、入り口の鍵をかけてしまった。

共同湯では、入ったら鍵を閉める決まりがあるらしい。

鍵を開けようと、慌てて共同湯の鍵を借りに行く蘭丸だったが、鍵を管理している二人のうちの一人、早苗(平栗あつみ)は「鍵は貸し出し中」とつれない様子。

もう一人の管理者である煙草屋に向かうが、そこでも磯吉(利重剛)に「いま利用している人が鍵を返したと連絡が入るまでは貸せない」と拒否される。

蘭丸と寛治(佐藤二朗)が落胆して共同湯に戻ると、金子は風呂を出た後。

そこへ空気を読まない光(木村文乃)が、金子から鍵を借りたので、風呂に入ろうと提案。

蘭丸はすぐにでも金子を追いたいが、前の日から風呂に入っていなかったため、しぶしぶ提案を受け入れることに……。

ところが……。

蘭丸と寛治が湯に浸かっていると、その茶褐色の湯の中から服を着た加茂陽子(神楽坂恵)の死体が浮かんできたからさあ、大変!!

あっという間に封鎖された共同湯では、地元刑事の徳沢(加藤虎ノ介)による蘭丸らへの事情聴取が行われていた。

金子は蘭丸がミヤビを追っていることを逆手に「俺を助けたらミヤビの携帯番号を教えてやる」と蘭丸を丸め込む。

さて、蘭丸はこの密室殺人事件の謎を解くことが出来るのか!?

『神の舌を持つ男』第5話みんなの感想


スポンサーリンク