スポンサーリンク

増村に隠された秘密とは!?

横溝系2サスワールドが炸裂する!!

1話完結ではなく次回に続く・・・

スポンサーリンク

『神の舌を持つ男』第4話ネタバレあらすじ

毛増村けましむら へと続く山道を走っている最中、蘭丸(向井理)はその道を歩くミヤビを発見!

まさかの広末涼子でしたね!!

金髪だったっけ??

ようやく見つけたと喜ぶ蘭丸だったが、ミヤビは蘭丸を避けるように走り去ってしまう。

さらに、突然目の前に落雷が!

あえなくミヤビを見失ってしまう。

いつもなぜ逃げる・・・

っとその時、

土砂崩れに巻き込まれそうになった町子(臼田あさ美)を寛治(佐藤二朗)が間一髪で助ける。

命拾いしたと喜んだのもつかの間、土砂の中に数体の白骨死体を見つけた光(木村文乃)が気絶し、町子の案内で蘭丸と寛治は光を運びながら村へと向かうことに。

村へ向かう道のあちこちでは、村人達が野菜や肉を手でちぎっている姿が。

毛増村には、古くからの言い伝えでこの時期、村の刃物をすべて「雷神の祠」に封印し、刃物は一切使えないというのだ。

町子は村長の赤池(きたろう)が営む旅館「波外ノ湯」へ三人を案内。

赤池の妻で女将の栄子(真飛聖)は、3人を歓迎するが話題が白骨死体に及ぶと態度を一変させる。

食事時の仲居の態度もあからさまにおかしい・・・

そして、蘭丸の回想シーンでまたもや小保方晴子のような研究者が

「あります!」

STAP細胞ネタwww

夜になり旅館の電話を借りようとする3人だが、電話線がちぎれており使用することができない・・・

怪しい旅館だこと。

またまたあの仲居に見つかり、部屋に戻るように促される。

そんな中、村の駐在警官・木村(野添義弘)が胸に刀を刺され死んでいるのが発見される。

しかもその胸に刺さっていたのは、光の骨董刀!

「雷神寺」の住職・神村(石橋蓮司)は刀を村に持ち込んだ蘭丸らのせいで祟りが起きたと騒ぎ立て、3人を監禁しようとする。

っとそこに蘭丸が三助をするチャンスが到来!

住職の娘たちが温泉に入りにやってきた。

長いこと病気であることを見抜いた蘭丸。

寛治は温泉の温度を下げる為に泳ぐことに・・・

その後も村では不可解な殺人事件が連続!

食事中のもう一人の客が発作を!!?

そしてすぐに帰らぬ人に。

救急車も土砂崩れの為に来られないと。

診療所のヤブクリニックのヤブ先生が来てくれるって、どれだけヤブなんだ・・・

なんと蘭丸は薬剤師だった!!?

初めて明かされましたね。

この事件でも疑われた蘭丸たち3人

女将の歌声は・・・

宝塚の女優意識でしょうね。

ついに蘭丸らは牢小屋に監禁されることに・・・

村でただ一人の味方・町子(臼田あさ美)に助けられ、脱獄!?

それにしても仲居のおばあちゃんの身体能力高杉!!

仲居の人数多いな~

ザクロは人の味がする・・・って

蘭丸と寛治の出会いも今回で明らかになりました!

平助の通夜で関係者でもないのに食事をしに来たなんて・・・

『神の舌を持つ男』第5話ネタバレあらすじ

遂に第三の犠牲者が…今宵こそ舐めて解決します! 8/5(金)『神の舌を持つ男』#5【TBS】

流浪の温泉芸者ミヤビ(広末涼子)を追って毛増村にやってきた蘭丸(向井理)ら一行は、土砂崩れに遭い帰る道を失った挙句、殺人事件に遭遇。

毛増村ではこの時期、村の刃物をすべて「雷神寺の祠」に封印しており、村に刀を持ち込んだ蘭丸、光(木村文乃)、寛治(佐藤二朗)が村に祟りを持ち込んだと村中から睨まれ、監禁されてしまった。

村でただ一人の味方・町子(臼田あさ美)に助けられ、事なきを得るが、祟りを信じる「雷神寺」の住職・神村精進(石橋蓮司)は娘の町子が蘭丸らと行動を共にすることを忌み嫌う。

スポンサーリンク

みかねた村長の赤池慎太郎(きたろう)は、蘭丸らを責任持って預かると宣言。

「波外ノ湯」主人である自分と息子の辰也(柄本時生)が宿で三人の行動を監視すると約束してその場を治める。

ある日、蘭丸は「波外ノ湯」仲居の老婆(松金よね子)から村に古くから伝わる「毛鞠唄」を聞かせてもらうことに。

その唄を聴いた蘭丸は、あることに気付く。

そこへ、姿を消していた辰也が遺体で発見されたと知らせが入る。

しかもその殺され方が「毛鞠唄」の歌詞とそっくりだと言う。

蘭丸はこの呪いに見せかけた殺人事件の謎を解くことが出来るのか!?

『神の舌を持つ男』第4話みんなの感想


スポンサーリンク