スポンサーリンク

ろそろ複数の地域で放送が始まっている死幣

未だヤフー検索連動企画も行われています。

検索連動企画って?という場合はこちらをどうぞ

⇒『死幣』とヤフー検索すると呪いが!紙幣で調べてもできない?音がならないときは?

そして今週も、新しく放送地域が追加となりました!

ATV(青森テレビ)

9/15(月)0時43分からスタート

9月15日って・・・

もう夏終わってるよ~

納涼ホラーでしょう。とか思っちゃいます。

待ってるのが無理なときは、U-NEXTとかでも1話が見れますよ!

dtvが2話まで配信していたので、無料期間をうまく使いこなせばいいかと・・・

まずdtvに1か月入って、次にU-NEXTに1か月がうまくいくと思います。

見逃し配信中
こちらで紹介されているフールーでは、死幣の配信はありません。

スポンサーリンク

『死幣ーDEATH CASHー』第3話ネタバレあらすじ

すでに同じゼミの仲間3人、郁美(西田麻衣)、三浦(山田裕貴)、川辺(白洲迅)が死亡した。

ゼミ生3人の死亡が“死幣”の呪いだと訴える由夏。

その瞬間、ふとゼミ合宿の時土に埋もれ焼け焦げた一万円札を拾ったことを思い出す。

それが“死幣”の呪いだと訴える由夏(松井珠理奈)と若本(戸次重幸)だが、残りのゼミメンバーはまったく聞く耳を持たない。

そのとき、夏のゼミ合宿の写真が由夏の目に留まる。

由夏は合宿のとき郁美が、土に埋もれ焼け焦げた一万円札を拾ったことを思い出す。

由夏の親友・一恵は奨学金で大学に通いアルバイトをしながら家族を養う苦学生。

そこにも残酷な“死幣”の手は伸びる…。

由夏の親友・一恵(吉岡里帆)は自分と家族の生活費を稼ぐため、必死でアルバイトをする毎日を送っていた。

しかし、トラブルでバイトをクビになり、とうとうお金も底をついてしまう…。

意気消沈して歩く一恵のもとに由夏が現れ“死幣”について忠告するが、一恵は逆上してその場を去ってしまうのだった。

そんな中、一恵は残りわずかなお金をATMから引き出し帰ろうとすると、取引を終えたはずのATMから訝しげに数枚の一万円札が出てくる…。

『死幣ーDEATH CASHー』第4話ネタバレあらすじ

「死幣の謎を聞く覚悟はあるかい ? 」“死幣”のルーツが明らかに… 8/3(水)『死幣』#4【TBS】

ついに4人目の犠牲者が出て、一連の自殺や事故が“死幣”の呪いだと確信した由夏(松井珠理奈)は、変なお金が届いても絶対に使わないようにと残りのゼミのメンバーに注意喚起する。

しかし、ゼミ生のある一人は、すでに“死幣”を使ってしまっていたことを由夏に打ち明ける…。

そんな中、個人投資家で一億円ものお金を動かしているゼミの仲間・灰谷(葉山奨之)は、“死幣”から身を守るのは簡単だと豪語していた。

そして、財津教授(筧 利夫)の助言から“死幣”のある法則を思い出し、裏をかく何かを画策し始めていた。

呪いを止めるべく事件の謎を追う由夏と若本(戸次重幸)は、ゼミ合宿で訪れたある村で30年前、原因不明の連続事故死が起きていたことを知り、当時の事件を知る駐在・高山(菅原大吉)に話を聞くことにする…。

『死幣ーDEATH CASHー』第3話みんなの感想

スポンサーリンク


スポンサーリンク