スポンサーリンク

売るオンナ第3話

前回までのあらすじを語るナレーションのいい声で始まりました。

ナレーションは一体誰なんだろう・・・

今回は現地販売イベントのお仕事がメインのようです。

イベント記念品の”住もうくん”。おすもうさんとかけてあるみたいで、力士のフォルムでした。

ゆるキャラ風・・?でもこれはいただいても嬉しくないなあ。

この”住もうくん”後々いたるところで登場します(庭野くんが律儀に配るので)が、案の定迷惑がられていました。

視聴率は前回の記事でも書いていますが、

第1話の視聴率

12.4%

第2話の視聴率

10.1%

視聴率で言えば今期ドラマの中でもかなり良いほうです!

北川景子が結婚後初ドラマで高視聴率を演出しているのですが、そのお相手DAIGOも今期ドラマの主要キャストとして活躍しています!

⇒『営業部長 吉良奈津子』1話感想・ネタバレあらすじと2話ネタバレあらすじも!

実はこちらも、

第1話の視聴率

10.2%

となかなかいい数字なのです!

今後の2人の視聴率合戦にも注目してみると面白いかもしれません。

スポンサーリンク

家売るオンナのゲストにはいだしょうこが!

さて今週のゲストである”はいだしょうこ”さん。

家の査定を依頼しに万智の元へやってきますが、これが「ちょっと散らかってるんですけど」では片付けられないまさにゴミ屋敷。

ドアを開けたとたん、なだれ落ちてきた物が万智の頭にゴンゴン。

漫画みたい(笑)

つづいて査定に訪れた先はゴミ屋敷とは対照的な生活感ゼロの家具など全くないがらーんとした部屋。

ここで初めて耳にした言葉ミニマリスト。

ちょっと気になったので調べてみると必要最低限の物で生きる人達のことでした。

勉強になりました。

これは後にゴミ屋敷と絡んでくるのだろうと思っていましたが、なんと捨てられない女となんでも捨てちゃう男は元恋人同士だったのです。

再会を果たした2人は、これを機にやり直そうとしますが、価値観が違いすぎる2人がうまくいくはずもなく。

当然の結果だと思われましたが、またもや万智の策略で2人は3階建ての一軒家で生活スペースを完全に分けて生活するという事でお互い納得し、家を購入します。

なんか今回は少し強引すぎる気がするなあ。

でも万智の信念は家を売ることなのでそこは毎回ブレていないし、本人も「あとの事は知ったことか」と言い切っていたのでこれでよいのでしょうか。

庭野くんの「いつからこの計画を考えていたのか」という質問に答える万智。

この時になるまですっかり忘れていました。

万智がそういえば写真拾っていたこと。

ミニマリスト男の顔見た瞬間変な効果音が出ていたこと。

話しの展開が早いせいで場面が切り替わった時点でそんなことすっかり忘れていました。

無駄なシーンなんかないのですね。(飲み屋のシーンは今のところ必要ないように思えますが)

というわけで少し・・かなり強引な展開でしたが今回も綺麗に話しはまとまり第4話へ続きます。

そういえば第3話はのっけから中村トオルさんたくさんしゃべっておられましたが、特に活躍することもありませんでした。

このまま小物な感じで最後までいってしまったらちょっと寂しいな。

『家売るオンナ』3話ネタバレあらすじと感想

今回のお話では、部屋を片づけられない女・夏木桜(はいだしょうこ)と最低限の物しか持たないミニマリストの保坂博人(中野裕太)のお話でした。

今回、現地販売ウィークを開催する事になった新宿営業所。

現地販売の記念品『住もう君』を本社が作ってくれる程の力のいれようで、屋代課長(仲村トオル)も張り切っていた。

住もう君ははっきり言って、見た目いまいちですけどね(笑)

物件は3件。

・サンルームのある中野坂上の一戸建て
・新中野の4LDK。バスとトイレは2組付き。
・建坪5坪の3階建ての狭小住宅

現地販売が得意な足立(千葉雄大)がまず、すぐにサンルーム付きの家を販売する。

足立さんが販売しまくったという、伝説の足立タウンなるものがあるらしい(笑)

足立のおっかけ3人組の足立クラブも存在するんです!!

すごいですね~σ(^_^;

一人目の内見のお客様が1億を現金で、即決。

1億現金即決ー!う、うらやましい。

そのお客様は、ペットの亀を育てるのに日当たりの良いサンルームがぴったりだと、気に入って購入されたようです。

亀を育てるのに、1億の家かぁ。

本来なら、そのお金あればわざわざ建て売りじゃなくても、もっと希望通りの家が建てられると思うんだけど。

そこはドラマですからね!笑

二つ目の4LDKのおうちは、なかなか売れずに困っていた頃、とうとう三軒家万智(北川景子)が動きを見せました!

「大家族にぴったりの物件!」とインターネットで拡散したところ、問い合わせ殺到。

上手いこと、大家族のニーズにマッチして売れちゃいました!

元々は、こういう家は外国人向けに作られてる家だそうで、皆は外国人を捕まえようと必死だったのですが。

スポンサーリンク

それで無理なら、これで…と対象を柔軟な発想で変える事ができるんですね。すごいですね(*^^*)

…とここまでは、そこそこ順調に販売できてますね♪

そんな時に今ある家を売りたいと言ってきた男女がいました。

まずは、歯科衛生士の夏木桜。

はいだしょうこが演技してるの初めてみました。顔は可愛いですよねー♪

お父様の相続金で、購入したマンションを一旦売って身軽になりたい…との事。

マンションを見たいと言う三軒家万智に対して

「図面だけじゃ駄目ですよね?」と夏木。

確かにあの部屋じゃあ…見せたくもないですよね。分かりますよ。どちらかと言えば私も片づけは苦手です(笑)
そして、物を捨てられない方だと思います(ToT)

さすがに、ここまでじゃないですよ!笑
とにかく物が多くて、めちゃくちゃ汚かったですσ(^_^;

部屋を見に来た三軒家万智が、掃除を業者に頼んでおくと話したら
「何も捨てたくないんです。どれにも、思い出が一杯で…」
って。これは相当ですよ。

これは、初めてのデートで着た服。これは初めてキスした時に着た服。

って…なんにも捨てたくないって言ってたら、本当に片付かないじゃーん!

部屋の床に写真が落ちていて、三軒家万智が拾います。これが元彼の写真で、それも捨てられないんですって。

そんなに思い出が大事なら、写真を床に置いておくなよ…なんて突っ込んでしまうよね(笑)

次に家を売却をするお客様が、保坂博人です。
最低限の物しか持たないというミニマリストだけあって、本当になんにもないんですね。

家がほぼ空なんです。
リビングもクッションと小さな段ボール、その段ボールの上にノートパソコン…のみ。

段ボールの中には、お洋服。
少しは見習いたいです(笑)

「もしかして、彼女もお捨てになりましたか?」と三軒家万智。

実は、夏木桜の家で見た写真…元彼はこちらの保坂さんだったのですね。

そこで、ふたりをわざと再会させる事を思いついた三軒家万智。

一旦、保坂さんが夏木さんの部屋を買う…という話になるわけですね。

「今度こそ、一緒に捨てような!これは運命的だ!」
「ひろくんが一緒なら捨てられる気がする!」

と変な茶番劇が展開されます(笑)

だが、しかしふたりの価値観が違いすぎて、また破局します(ノД`)

「保坂様にはまた別の物件をご質問します」と三軒家万智。ここが、あの3件目…狭小住宅なのですね!

全ては、ここを売る為の布石だったらしいです。
かなり用意周到な事前準備ですね~。

そして、今回はコスプレもありました!
北川景子さんが占い師の役になって、保坂さんに夏木さんを運命だと思わせてました(笑)

ここまでするとは!笑
さすが三軒家万智ですね(≧▽≦)

1階の3畳間で、ミニマリストの保坂さんが最低限の暮らしをする。
3階の6畳間で、夏木さんが今まで通りの暮らしをする。
2階のリビングで、食事を食べ愛を育んではいかが?との事でした(^0^;)

価値観の違う2人が共に暮らすには、空間をきっちり分ける事です。
…なるほど

「寝室ではなく、リビングの方が燃えあがるという方もいらっしゃいます」

そこら辺は余計なお世話だよ(笑)

でも、それで2人は納得して2人で暮らしていく事を決意するんですね。
何はともあれ、仲良しこよし万歳ですね♪

第3話では新しい情報が加わりましたよ!

白洲美加のおじ様が、テーコー不動産の専務らしいです(^^)

あと屋代課長はバツイチらしいです。
ある日、家具と共に奥さんが居なくなったらしい…。怖いですね!

それを、癒す為にまたぷいぷいしてもらってました(笑)今日は、最上級ぷいぷいが見れました\(^O^)/

そんな課長が、予告で……三軒家万智にキスしてました!!わーお。

どんな展開?

気になりますね~!
第4話も楽しみです(*^^*)

『家売るオンナ』第4話ネタバレあらすじ

屋代(仲村トオル)はカリスマ料理研究家・沢木峰乃(かとうかず子)に高級マンションへの住み替えを提案する。

峰乃は話を聞く代わりに自分が主催する婚活料理教室に女性を連れて参加してほしいと頼む。

人数合わせの女性が見つからず途方に暮れる屋代に、意外にも万智(北川景子)が参加したいと手を挙げる。

婚活に参加した男性陣は万智の美貌に魅了されるも、そのドSな態度にドン引き。

プロ顔負けの腕前で料理は成功するが、婚活は惨敗に終わる。

一方、美加(イモトアヤコ)は一方的に想いを寄せる足立(千葉雄大)とお酒を飲んで泥酔。

公園のベンチで寝ているところをホームレス風の男性・富田(渡辺哲)に声をかけられて意気投合する。

その頃庭野(工藤阿須加)はこころ(臼田あさ美)から、万智のことが好きなのでは?と指摘されドギマギ。

婚活の帰り道、いつになく落ち込んだ万智を元気付けようと飲みに誘った屋代は、万智から意外な言葉をかけられ、勢いでキス!

その様子を庭野が目撃する…。

そんな中、屋代は峰乃から実は事業がうまくいっておらず、莫大な借金を抱えていることを打ち明けられ・・・

このキスは何なんだ~

やっぱり気になります!


スポンサーリンク