スポンサーリンク

優の石田純一が東京都知事選挙に出馬表明して話題となっています。

政治とカネの問題で舛添要一都知事が辞任してからというもの、日本の首都である東京都の新たなリーダーとして名乗りを上げたのが石田純一。

遂に「不倫は文化」という言葉を実行していくのでしょうか?

イタリア仕込みの「素足に革靴」スタイルで東京都知事になれるのか?

政治できるのかとの声も上がっていますが、立候補は確実かと思われます。

今後の動きに注目です。

スポンサーリンク

石田純一が東京都知事選挙に出馬ってホント?

2016年7月8日
午後2時半から記者会見が行われたので、出馬の意思があるのは確実でしょう。

何か後ろ盾があっての立候補なのか?

isida
石田純一(いしだじゅんいち)プロフィール

本名:石田太郎(いしだたろう)

1954年1月14日生まれ

東京都出身

身長176cm

スリーサイズ

B94
W83
H94
S27

NHKアナウンサー・石田武の長男として出生。

4歳までアメリカ・ワシントンで育つ。

東京都立青山高等学校を経て、早稲田大学商学部中退。

1979年にNHKドラマ『あめりか物語』で俳優デビュー

これまでに数々の、映画やテレビドラマ、舞台に出演。

「不倫は文化」宣言からは、情報番組やバラエティ番組に多く出ている石田純一ですが、最近は干されたという噂もありました・・・

確かにテレビで見かけることは少なくなってしまいましたが、政治に興味があっての準備期間だったのでしょうか?

前東京都知事・舛添要一が政治資金に汚い印象でやめていったので、次期都知事にはクリーンな印象が求められるのだろうが、その点石田純一はクリーンなのだろうか?

隠し事はしない印象があるのだが、笑いながら何かやらかしそう・・・?

東京都知事選に立候補で東尾理子とは離婚か?

やはり賛否両論

現在の妻。東尾理子からは大反対されているとのこと。

「主人が日頃から熱い気持ちをもっている事は分かっておりましたが、この度は本当に驚きました。正直、家族での話し合いはまだ出来ておりません」

「日頃から妻として夫を支えたい気持ちでおりますが、今回、私個人としましては、出馬しない事を願っております」

などとコメントしており、東京都知事選挙の出馬には反対だとはっきりと主張。

前熊本県知事の東国原英夫は県知事選挙出馬をキッカケに離婚をしたとコメントをしており、石田純一も妻の反対を押し切っての都知事選挙出馬であれば、離婚もありうるだろうか?

そのことについては、東尾理子より「叩けばほこりの出る人が何を考えているの」とちゃかしながらも、「離婚はないと思う」との話があったようだ。

スポンサーリンク

そもそも石田純一って政治できるの?

記者会見の様子や、妻・東尾理子のコメントを見てもわかるように、政治への関心はかなり高い様子。

isida
「東京への愛着はある。生まれも育ちも東京です。石原都政のころから教育への締め付けが厳しくなっている。乱暴な言い方だが、押し付けというか」

「原発は本当に大丈夫かという声もある。自然エネルギーで世界を引っ張っていくと、東京から発信していきたい」

「憲法は権力を縛るものだが、(自民党は)国民を縛るものに変えていっている。笑われたり、バカにされたりしてもいい覚悟で戦っていく」

など、数々の考えを表明。

これまでバラエティ番組などの出演も印象が強い石田純一だが、今回の政治関係で今後の仕事内容にも変化があるはず。

野党統一候補で立候補って?

政治や選挙のことになると、正直よくわからないもの。

野党統一候補なら出馬するということですが、野党統一候補ってなに?ということで調べてきました。

野党統一候補とは、選挙で野党の候補を一人に決めることです。

今までの選挙だと、民主党で候補を1人、共産党で候補を1人、維新で候補を1人・・・など野党がバラバラに候補を出していたために票が割れてしまい、高い支持率を持つ自民党に勝てなかったわけです。

そこで野党は協力して、各党でバラバラに候補を出さずに話し合いで候補を1人に決めて、票が割れるのを防ぎ統一候補に各党が持つ組織票を入れて自民党を倒そうという戦略です。

いくつかの野党が統一候補を出すことはよくあるみたいですが、すべての野党が統一候補として石田純一を支持するでしょうか?

かなり大口切りましたね。

確かに「現状では野党が結集しないと、思いを力に変換できない。野党統一候補なら、ぜひ受けさせていただきたい。これがほかの人になったら、喜んでその人を応援したい」というコメントの通りなのでしょう。

東京都のこと、日本のことを考えてのことでしょう。

今回言っている野党統一とは、

「民進党」、「共産党」、「社民党」、「生活の党」の野党4党となります。

他立候補予定者

今回の都道府県知事選挙では2016年7月10日に行われる鹿児島県知事選挙に次いで2番目に高校生を含む18歳選挙権が導入される。

石田純一の他にも古賀茂明や松沢成文、

多数の立候補者がおります。

マック赤坂(まっく・あかさか)

中川暢三(なかがわ・ちょうぞう)

小池百合子(こいけ・ゆりこ)

桜井誠(さくらい・まこと)

河野充喜(こうの・みつよし)

河野憲二

今尾貞夫(いまお・さだお)

山口敏夫(やまぐち・としお)

立花孝志(たちばな・たかし)

山口節生(やまぐち・せつお)

高橋尚吾(たかはし・しょうご)

どんな選挙になるのか?

石田純一の今後の動向に超注目が集まります。


スポンサーリンク