スポンサーリンク

NHK「直虎」徳政令で難題降りかかる13・1%

NHK「直虎」徳政令で難題降りかかる13・1%

 女優柴咲コウ(35)が主演し、2日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第13話の平均視聴率が、関東地区で13・1%だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は12・9%だった。

 同作は男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とした物語。

 2日の回は、井伊家の領主として名乗りを上げた井伊直虎(柴咲コウ)。幼い虎松(寺田心)が元服するまでの間、後見として国を治めることを宣言するが、家臣たちは反発する。虎松の母・しの(貫地谷しほり)も直虎の勝手なふるまいを認めようとしない。ある日、領主が代替わりしたことを聞きつけた瀬戸村の農民・甚兵衛(山本學)が直虎のもとを訪れ、借金の棒引きを意味する「徳政令」の発布を求める。直虎は発布を約束し、銭主(せんしゅ)の瀬戸方久(ムロツヨシ)に借金の棒引きを頼むが、井伊家も方久に大きな借金がある事実をつきつけられる。直虎は方久を家臣に加え、方久に年貢が入るようにすることで借財返済の猶予を約束させる策を思いつく。そんな折、瀬戸村の農民らが「徳政令」を今川に願い出たという知らせが入る、という内容だった。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-01801863-nksports-ent

【関連記事】

瀬戸方久の子孫とは?

スポンサーリンク



2017/04/03 11:07
いよいよ、目まぐるしく物語が動き始めた気がする

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:48
話中もだが、必ず最後の『続く』で、来週どうなるんだろうって思えて楽しみ

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:37
面白いよ。 小林薫がいい

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:03
素晴らしい役者です

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:39
猫もw

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 13:05
良い猫ちゃん!

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:09
直虎の成長が楽しみ。
正次が悪役になってしもたんが残念。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:48
政次が悪役に転ずるのは、自分も残念に思うけど、史実だから仕方がない。
ここは割りきって一生さんの醸し出す闇の部分を堪能するしかあるまい!

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:14
ほんとに悪役なのか疑問?だけど、暗躍する政次は見ごたえがある。何するだろ。楽しいみ~。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:32
政次が、直親が下手を働かなければと言ってる部分。あれが本心だと思う。今回の年貢の件もそうだけど、井伊家の人たちは素直で直情的な人が多いのだと思う。井伊家の人が先走った結果悪く働くことが多かったと感じる。それを諌める小野家の役割はどうしても悪役と映りがちになる。今回もそれが悲劇につながっていくのではと。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 13:31
劇中では、政次はまだまだ微妙なところだと思います。
本当に悪役化したのか、或いはそうではないのか?
今はなんとも言えませんね。どちらとも取れる。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:30
井伊家の領民のために役に立ちたいけど、未熟ゆえにとことん空回りしてしまうところが面白かった。
言い方は悪いけど、負けん気以外コレといった取り柄のない直虎がここからどう成長していくかが楽しみ!

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:57
世間知らずな感じや、政次の言う通り、感情だけで動いている所にイラッとしましたが、
井伊の姫として生まれ、出家したとはいえ皆に大切にされていたのですから、無理もありませんよね。
ここからの直虎の成長が楽しみです。
政次や方久も気になります。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 13:35
いきなり、対立する二者の利害関係の調停をするという領主としてもっとも胃が痛くなる仕事の一つが回ってきて、さっそくフライングして歯軋り、という回だったと思います。
お寺で、責任の無い立場での竜宮小僧としてはそこそこに役に立てていたと思っても、「権力」を手にした途端、いきなりつまづいてしまった、という感じですね。
「権力を持たされれば何でも出来る」わけではなく、権力とは実は恐ろしいものだと今更ながらに知った主人公でしたね。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:46
ムロさんLIFEのまんまだな。まあ、面白いけど。わらしべ長者かよ?って、ちょっと脚本の脱線感が・・・。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:02
思えば昨年は、「星野さんLIFEのまんまだな。」と感じた瞬間があった様な気がします。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:15
LIFEは素っぽい所がこれまたいい。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 14:04
どっちにしろ、史実通りなら
政次・方久 両方とも
悲しい最後を迎えるわけで
そう考えると 悲しくも見える

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:06
方久→タヌキ政次→キツネ
って感じだ。
前回とその前が辛すぎたので、たまにはLIFEっぽい演出もいいね。
あれは演者がムロツヨシじゃなきゃできない。笑

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:07
政次は今後、井伊家をどうするか見ものです。
目付きが怖い

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:19
無表情な上に、目が据わっている。周りから何を考えているか推測出来ない怖さがいいね。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:30
前回の井戸でのシーンではロボットに見えましたよ。なんか怖い。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:44
ムロツヨシ演じる方久が、自分の成り上がる過程の解説シーンだけど、あれでいいのか?
個人的には嫌いじゃないけど、大河ドラマとしてはどうなのかな?

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:57
方久の成功譚は、ここでは枝葉です。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:15
脇役にやたら時間を使うのは
最近の漫画によくある「回想商売」のようでいただけませんよ。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:41
もうそういう「大河ブランド」みたいな見方は捨てた方がいい。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:41
唐突な感じがしたのでサクセスストーリーのダイジェストは、あれはあれで良かったと思いました。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:45
方久のキャラもあって。あれはあれで面白かったけど。端的で分かりやすくて。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:48
井伊の武将が少なくなりどうかと思ったが
政次のブラックへの変わりが
興味深い
新しい登場人物にも期待

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:04
直之がいい意味でウザい。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:44
だけど、いまはああですが、直之は、忠臣として直虎を支えていくのですよね。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:21
そうなんだ!今はキャンキャンうるさい犬にしか見えないけど(笑)

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:27
「忠臣として」支えるのは後の直政に対してであって、直虎に対しては終始あんな感じで話が進んだりして。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 14:17
意外とそうかも。直虎は、おなご。
直政は、前領主の正統な嫡男+武功をあげて家康にも気に入られる。
武道派の彼にはそっちの方が有効かもね。
真田より黒田

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:36
ブラック政次と胡散臭い方久どちらも魅力的なキャラです!

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:00
昇太師匠は全くしゃべらないまま退場し、
阿部サダヲは碁を打つだけ
尾上松也は蹴鞠を蹴るだけ
昨日からガラッと変わって違うドラマになってしまった感あり
来週からいったいどうなることやら・・・

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:31
昇太師匠は2度しゃべりましたよ。
最初は雪斎との会話で、次は連歌会で。
家康はまた瀬名、信長とのからみで新たなシーンの予告もありました。
氏真は蹴鞠シーンより、家康(元康)の離反以来、セリフシーンの方が増えてますけど。
今回は三河一向一揆で今川家が一息ついているというシーンでしたから。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:19
そういえばここまで主要キャストが毎回のように亡くなっていたんだな。。。今回もだけど。
武士であれ、農民であれ。戦国の中で生きていくことの難しさをいろいろな方向で考えさせられるよいドラマだと思います。取り上げられる勝者なんてほんの一掴みなのですから。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:06
井伊直虎を取り巻く状況は、
20年前に放送された「毛利元就」と似ている。
でも、直虎は元就のように子宝に恵まれたわけでない。
小野政次が元就家臣・井上元兼のような振る舞いをしたかといえば、
(ドラマで見る限り)それともまた違う。
直虎がどのようにして
状況を打開していったのかを楽しみにしたい。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 13:03
領地の財政事情が二進も三進もいかない点にフォーカスした今回は案外面白かった。
領主、家臣、領民、銭主それぞれの言い分や情けなさ、不良物件である井伊を冷やかに見る目付け等々…

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:38
今回は政次と方久だな。
政次の『蛇がヌルッと動くみたいな』気持ち悪さは、無気味だった。やっぱり巧いね、高橋一生。
そして、方久。終わりの方で、中野に罵倒され奥山に背かれた直虎を見て、何を考えたかなと思うと興味深い。
直虎は農民が潤う事が井伊を救う第一歩だと直感的に捉え、かつ銭主を傷つけることは井伊にとって得策でないと分かってる。対して家臣どもは、侍の誇りを守ることだけを考えてる。金の力を分かろうともしない。
方久は、酷いことを言われることに慣れていても、裸一貫からのしあがった自分に誇りを持っている。侍の家に生まれたから侍をやってます、という輩に『目にもの見せてくれるわ』とスイッチが入った顔だった。
今後が楽しみだ。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:41
政次、マジで親父に似てきましたね。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:06
本当!昨日は吹越満になんでソックリ?て
驚いた!

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 13:49
方久のキャラにもって行かれた感じはしたけど。確かに。不気味ですよね。政次。「蛇がぬるっと動く」ナイスネーミングです♪
前回ほど、悪役ではないが、表情が読めない分。何を考えているのかが分からない。
気がついたら、政次の手の内。
「さて、如何するか。。」は不気味さを煽りますねー。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 13:58
侍にとって何より大事なのは矜持だからね。
金は武士が扱うものはない、不浄だと思っているのでしょう。でも。そのお金がなければ戦も、日々の生活すら出来ない。
方久は、武士の実情も、金の重要性も身をもって知っている。だからこそ、いかに、ギャフンと言わせることが出来るか。楽しみです。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:50
まだサナダ◯ロス何ですがw

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:55
ここまでロスが続くなら本物でしょうから、Blu-rayの購入をお勧めします。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:25
ロスなら、真田丸を見続けたら良いのでは?
いずれ消えますよ。自分もそうでしたから。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 12:42
私もです。真田の検定まで受験したのに。
今は井伊直虎と徳川四天王の勉強中です。

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:42
今回、はじめて徳政令にまつわる農民、銭主双方の言い分のぶつかり合いというテーマのドラマを観た気がする。
また、その背景が、度重なる戦での農村の働き手の減少、耕地の荒れにあり、井伊家も年貢の納め手である農民も借金漬けである事にあるという、実は明快な理由を、あらためてドラマとして採り上げてくれた気がする。
また、現実は現実として、どうやってそれを調停するかでいきなりスキルを試される青臭い新米領主の姿。
頑迷だが一理はある家臣ら、当然の事として自分らの要求は通そうとする農民、徳政令の非を理屈で説明し利益を守ろうとする豪商(カネの犬だと称して憚らず)。それらを最初から全てお見通しの政次。
政次の各セリフも含蓄があった。井伊谷三人衆にも、「こんな状態の井伊家のお鉢が回ってきても迷惑なだけでしょう」と冷笑。(そこにも実は政次なりの深謀遠慮があるとは思うが…。)

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 14:10
三者三様。それぞれ言い分があって当然!
それらをいかにまとめ、不満が少なく。纏めるのが領主の役目。新米(未熟)とはいえ、領主様。自分が書く書類1つで家臣が、家の道筋が決まる!その厳しさを改めて感じた回だった。
政次の「こんな状態の井伊家のお鉢が回って来ても迷惑」←もしかして、井伊谷三人衆への牽制?だったりして??

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 10:44
難題を解決するところが、見もの
米中支配脱却には日韓朝連合国家しかない

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 11:02
毎週見てます。大河ドラマとしてみてたら話に重みもなく途中で観るのやめそうだけど朝ドラのノリで観る分には結構おもしろいよwww

以下名無しに変わって「瀬戸方久」がお届けします
2017/04/03 13:10
柴咲は顔が独特で陰気すぎる。それを中和させる明るい顔のやつもってこないと数字はねあがらんやろ。総合演出で考えへんのか?

【関連記事】

瀬戸方久の子孫とは?


スポンサーリンク