スポンサーリンク

この記事はTBS ドラマ 松本潤 主演の【99.9-刑事専門弁護士-】についての記事です。

【99.9-刑事専門弁護士-】
2016/04/17 21時~

日曜の夜9時から始まるTBSの新ドラマ【99.9-刑事専門弁護士-】

なんと嵐の松本潤が主演ということで話題ですね!

併せて共演に香川照之、榮倉奈々とな!

スポンサーリンク

これは当たりドラマの予感が・・・

【99.9-刑事専門弁護士-】

「刑事専門弁護士」を題材にした連ドラはドラマ史上初なんだそうです。

最後の瞬間まで諦めず事実を追い求めていく主人公と、真逆のスタンスで生きてきた利益至上主義の個性派弁護士たちが繰り広げる。
有罪率99.9%の事件で0.1%の可能性を追求した型破りな弁護士の物語となっています。

かっこいいですね♪

しかし松本潤さんが弁護士役って今までにない感じでとても新鮮です。

記憶に新しいのは『失恋ショコラティエ』

恋愛系に出演されている印象がかなり強いですよね!

タイトルの「99.9」は日本の刑事事件における裁判有罪率。

つまり検察が起訴した事件の99.9%がそのまま有罪になるということ。

これは日本の検察が優秀であることも示していますが、検察が提示した起訴内容が十分に検証されないまま有罪判決を受けているということも意味しているようです。

主演・松本潤さん演じる弁護士・深山大翔は刑事事件を専門とし、検察も裁判所も疑わなかった事件の真相を追及する。

過去には逆転不可能と思われた事件を幾つも覆し、無罪を勝ち取った実績を買われ「斑目法律事務所」に所属しています。

そんな深山とチームを組むのは同じ事務所の2人。

金にならない事件には興味が無い「佐田篤弘」(香川照之)と、努力型の秀才だがデキる女を装う「立花彩乃」(榮倉奈々)。

全く性格の違う深山をあまり良く思ってない2人ですが、深山の「99.9%有罪が確定していても、0.1%に事実があるかもしれない」という言葉の下、事件の真相を探していきます。

隠された事件の真相を痛快に暴くミステリーエンターテインメントながら、現在の日本の司法制度のあり方にも切り込みを入れる今作。

「99.9%」という逆境を覆し、「0.1%」に残された可能性にかける深山弁護士の不屈の情熱に期待です(✳‘௰‘ ✳)

ドラマ【99.9-刑事専門弁護士-】あらすじ

深山大翔は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。

ある日実績を買われ、日本4大法律事務所の1つ、斑目法律事務所の所長・斑目春彦からヘッドハンティングされる。

パラリーガルの明石達也とともに移籍した深山であったが、バディを組むはずの室長・佐田篤弘は、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。

斑目からの条件に渋々異動を了承したものの、金にならない刑事事件には全く興味が無い様子だ。

さらにチームのもう一人の弁護士である立花彩乃も、斑目の命によりこれまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに嫌々入ることになってしまった弁護士だった。

そんなチームのもとへ殺人事件の弁護依頼が舞い込む。

依頼人は運送業の経営者で、ネットショップ社長が殺害された事件の殺人容疑として逮捕されたが、本人は酒に酔っていて事件当日の記憶がなく事件の関与を否定。

スポンサーリンク

しかし検察庁の調べによると、指紋のついた凶器などの状況証拠に加え動機も充分。

まさに犯人である条件が揃っていた。

検察は有罪確実な案件しか起訴しないから日本の刑事事件は起訴されると99.9%有罪になる。

検事出身の佐田は、容疑者に罪を認めさせ反省を示した上で情状酌量を探る道を探すのが弁護士の仕事だと深山に促す。

だが、深山は「肝心なのは調書より事実。99.9%有罪が確定していても、0.1%に事実があるかもしれない」と諦めない。

そして深山の頭には、ある可能性が浮かんでくる――。

松本潤が主演だから主題歌はやっぱり

ちなみに嵐が主演の過去のドラマ主題歌は、

失恋ショコラティエ
「Bittersweet」

ようこそ、わが家へ
「青空の下、キミのとなり」

花より団子
「WISH」
「Love so sweet」
「One Love」

今回もドラマ主題歌や挿入歌に嵐の曲が入ってくること間違いなし

だと思っています。

まだ決まってないみたいです。
http://youtu.be/7OKGa7OVZnc

キャストコメント

<以下、キャストコメント>
松本潤(深山大翔役)
今回、このお話を頂いたときは素直に嬉しかったです。初めて弁護士役を演じることになりますが、僕も弁護士役を演じられる年齢になったのだなと実感しました。また、『花より男子』で一緒に仕事をさせて頂いた瀬戸口プロデューサーからオファーを頂けたことも嬉しかったですね。今回の作品は新たなチャレンジになると思っています。台本を読んでみて、トリックの面白さや人間関係の描き方がとても面白かったです。監督が描かれたい世界観に、自分も入っていけたらいいなと思っています。また、数多くの良い作品が生まれてきた日曜劇場で、主演に抜擢して頂けたことは非常に光栄です。今は正直プレッシャーよりも楽しみの方が大きいですね。真実は100人いれば100人分それぞれ違いますが、事実はたった1つしかありません。0.1%の可能性の中で、 たった1つの事実を必死に見つける。そこまでして何故その事実を見つけるのか。それが今回のテーマだと思っています。0.1%に賭ける思いや、行動に込められた思いを視聴者の方々に伝えたいです。月曜日から明るい気持ちで自分の人生と向き合えってもらえると嬉しく思います。是非ご覧ください。■香川照之(佐田篤弘役)
私が演じる佐田は、松本さんが演じる深山とは距離感があり、同じ方向を向いているとは言い難い役柄です。深山は型破りな弁護士であるため、僕は逆にフォーマルな弁護士を楷書で演じるつもりで今はいます。作品として、ドラマ性だけが高く突出することは痛快ですが、実際の弁護士像とかけ離れないよう注意し、そのことがどうキャストの間で化学反応を生んでいくのか、楽しみにしています。■榮倉奈々(立花彩乃役)
私が演じる彩乃は、自分自身を出来る女だと思っているのですが、深山にペースを乱されていく役柄です。松本さん演じる深山にかき乱される場面で、ドラマのリズムが出たら良いなと思っています。松本さんとは共演させて頂くことが多いのですが、何も変わってないなと思われないように頑張ります。今回、新しい関係性での共演なので、新しい気持ちで演じたいと思っています。


スポンサーリンク