スポンサーリンク

怪盗山猫 最終回 ネタバレ

ついに怪盗探偵山猫も最終回を迎えました。

今回はそのドラマ『怪盗山猫』最終回(ネタバレあり)あらすじを紹介します。

スポンサーリンク

怪盗 山猫(最終回)10話ネタバレあらすじ

勝村(成宮寛貴)に裏切らた山猫(亀梨和也)。

結城の命。

旧日本軍の隠し財産1億円。

逆襲を狙う山猫は関本(佐々木蔵之介)とともに、結城の待つ屋敷へ向かうのだった。

警察の目をかいくぐり、また結城のボディーガードたちと戦いながらも屋敷の奥を目指す山猫たち。

関本の提案で、山猫は隠し財産があると思われる屋敷の地下へ。

関本は結城の命をとるために屋敷の奥へ向かう。

関本に教えられた通り、地下へ向かう山猫。

そこに待ち受けるのは【カメレオン】勝村だった・・・

二人は死闘を繰り広げボロボロに。

だが、山猫は銃をつきつけた勝村に

「山猫は負ける戦はしない」

と不敵に言い放ち、耳栓?を取り出す。

すると、部屋の中に超音波発生!

耳を覆う勝村の一瞬のスキをつき、山猫が勝村のわき腹を銃で撃ったのだった!

いつものように車で待機していたのは、死んだはずの真央(広瀬すず)と里佳子(大塚寧々)。

実は2人は杏里(中村静香)に助けられて無事だったのだ!

瀕死のカメレオン勝村。

「これでおあいこだ!俺は殺しはしない」

山猫はそう言い残して屋敷地下への扉を進む・・・

地下通路をたどり、かつて【ゆうきてんめい】と会った部屋にたどりつく山猫。

しかし次の扉のロックが解除できない。

さらには通ってきた道もふさがれ、室内の酸素がどんどん薄くなっていく・・・

「関本は助けに来ない」

【ゆうきてんめい】の声がどこからともなく聞こえてくる。

警備室からでないと解除できないと判断した真央と里佳子は、山猫を助けるために自らも警備室へ乗り込む。

里佳子が警備員を倒し、真央がロックを解除。

やっと開いた扉の先に待っていたのは・・・

【ゆうきてんめい】

と思われる袴姿に日本刀を持った人物。

その面の中には・・・

なんと関本が!?

【ゆうきてんめい】は10年前に死んでいた。

ゆうきの肉体は滅びても、人工知能AIとしてゆうきの精神はネットの世界で生きている?

関本は自分の意志でゆうきに下った。

お前のコアはなんだ!

最後はみんな行方不明。

1年後、

真央が中央少年鑑別所から出てきて

END・・・

怪盗 山猫(最終回)10話 感想・評価


スポンサーリンク